三条大橋
loading

特集

和紙と道の駅

和紙に包まれる冬

昨年、ユネスコの文化遺産に登録された「和紙 日本の手漉(てすき)和紙技術」。日本各地で今なお伝えられる和紙、伝統の職人技に、ふと立ち寄った町で触れることが出来るとしたらどうでしょう。しかも、自分で和紙を作れるとしたら。
今回は、和紙と、その和紙の文化にどっぷりと浸れる「道の駅」をご紹介します。

「二本松市和紙伝承館」堀越さん

写真:「二本松市和紙伝承館」堀越さん

二本松市和紙伝承館

adachi「道の駅 安達(上り)」のある福島県二本松市は上川崎紙の産地。上川崎紙は、平安時代には「みちのく紙」として珍重されたといわれる、ふくよかで気品のある丈夫な和紙です。上記の紙漉きの写真は、道の駅にある「二本松市和紙伝承館」の堀越さん。水にといた楮の繊維とネリ(粘剤)を、竹ひごなどで編んだ簀(す)を取り付けた簀桁(すげた)で揺り動かしながら漉いています。和紙の製法では一般的な「流し漉き」と呼ばれる方法。「二本松市和紙伝承館」では、紙漉き体験が可能で、予約なしのはがきから、立体オブジェまで作ることができます。のし袋や万華鏡など上川崎紙で出来た和紙製品も購入できます。
道の駅内の手作りアイスのお店ではなんと、和紙の原料である楮(こうぞ)の葉の粉末が入っている「和紙ソフトクリーム」も!
和紙ソフトクリーム 350円(税込) のし袋(一重) 463円(税込) 万華鏡 350円(税込)

道の駅 安達(上り)

住所 福島県二本松市下川崎字上平33-1 ☎︎0243-61-3200
時間 9:00~16:00(紙漉き体験)
休み 1/1
紙漉き体験(一人) はがき…500円 うちわ…600円 金網オブジェ…1,500円※金網オブジェは要予約

五箇山和紙の里

taira加賀藩の文化を支えてきた五箇山和紙は、障子紙など、生活に根ざした商品が人気です。近年はモダンなデザインの商品も多数あり、「道の駅 たいら」で購入できる和紙のおみやげも充実の品揃え。さらに、合掌造りの和紙体験館で五箇山和紙の紙漉き体験にチャレンジ!「ハガキづくり」から「うちわづくり」まで、小さなお子さんにも大人気です。
「ハガキづくり」の流れは、1:原料を桁でくみ、均一な厚さになるようにすく 2:押し葉などを使って飾りつける 3:余分な水を抜く 4:10分ほど乾燥させる 5:出来上がりと、手軽な内容なので、気軽に参加してオリジナルのハガキをつくってみては!

道の駅 たいら

住所 富山県南砺市東中江215 ☎︎0763-66-2223
時間 9:00~17:00(和紙体験館)
休み 年中無休
紙漉き体験(一人) 手漉き和紙… 600円 はがき…600円 うちわ…1,200円(要予約・当日予約も可)

埼玉伝統工芸会館

ogawa埼玉県に伝わる「小川和紙」。その中でも、流し漉きの最高級品が「細川紙」です。岐阜県の「本美濃紙」、島根県の「石州半紙」とともに2014年に「和紙 日本の手漉(てすき)和紙技術」として、ユネスコの無形文化遺産に登録されました。「道の駅 おがわまち」のある埼玉伝統工芸会館では、開館時ならいつでも紙漉き体験ができ、職人に直接話も聞けます。他にも埼玉県内の様々な伝統工芸を展示していて、和紙以外の伝統工芸の体験も豊富です。

道の駅 おがわまち

住所 埼玉県比企郡小川町大字小川1220 ☎︎0493-72-1220
時間 9:30~15:00(和紙体験受付)
休み 毎週月曜日(祝日の場合翌日・土日は営業)、年末年始
紙漉き体験(一人)
はがき(8枚)…840円 色紙(2枚)…1,050円 短冊(4枚)…630円 1枚紙…210円〜

杉原紙研究所

427大正末期に一度途絶え、半世紀を経て復活した兵庫県の幻の名紙「杉原紙」。強靭であたたかい感触が特長です。「道の駅 R427かみ」の紙漉き体験では、色紙の繊維や紅葉を流し込んだりして色鮮やかな作品を作ることができます。普段使いにも良さそうな和紙を使った文房具なども購入可能。色のにじみが優しい印象で、勉強もがんばれそう。また、道の駅で1,000円以上の買い物をすると、体験が割引になるという特典もあり!
書類ケース1個 4,530円(税込) しおり 1枚 170円(税込)

道の駅 R427かみ

住所 兵庫県多可郡多可町加美区鳥羽768-46 ☎︎0795-36-0080
時間 8:30~17:15(杉原紙研究所)
休み 毎週水曜日、年末年始
紙漉き体験(一人) 半紙…無地550円、模様750円 はがき(2枚)…無地450円、模様550円

土佐和紙工芸村「くらうど」

tosa平安時代からの和紙の産地である土佐。世界一薄い手漉きの紙といわれる「土佐典具帖紙(とさてんぐじょうし)」も土佐和紙の一つです。「道の駅 土佐和紙工芸村」では、紙漉き体験はもちろん、カヌー体験などのアクティビティも充実。
宿泊施設もあるので、丸一日楽しめます。

道の駅 土佐和紙工芸村

住所 高知県吾川郡いの町鹿敷1226 ☎︎088-892-0127
時間 9:00~17:00(手漉き体験)
休み 毎週水曜日、年末年始
紙漉き体験(一人) はがき8枚・色紙2枚…無地400円、草花入り600円 うちわ…800円 他

この記事を読んでいる人は他にこんなメニューも見ています。

長野県 道の駅 上田 道と川の駅
上田から全国へ! 地元の力で元気を発信

千曲川沿いにある道の駅「上田 道と川の駅」。戦国時代の古戦場もほど近い場所で、自然に囲まれた穏やかな時間が流れる… かと思えば、道の駅で戦いはまだ続いていました。 道の駅に登録されてからオープンまでなんと、12年!様々な紆余曲折がありました……続きを読む

広島県 道の駅 湖畔の里福富
家族と1日過ごせる道の駅 学生とのコラボも大注目

福富ダムがつくる、しゃくなげ湖の湖畔に建つ道の駅「湖畔の里福富」。 駐車場に車を停めるとまず目に飛び込んでくるのが、広大な敷地にある巨大遊具の数々。 21種類もの無料で使えるアトラクションを備えた「ふれあい広場」が子ども達を迎えます。 MA……続きを読む

道の駅 取材紀行 〜ロード オブ ザ 道の駅〜 番外編

だいぶ間が空いてしまいました。 誰もお待ちにはなっていなかったのではないかとは思いますが、申し訳ございません。   さて今回のお話ですが、いつもとは少し違って、私たちの担当している他の仕事について少しご紹介いたします。 &nbsp……続きを読む