三条大橋
loading

特集

アウトドアと道の駅

道の駅で楽しむ夏のキャンプ

夏の一日を丸ごと遊び尽くすキャンプ。本格的なアウトドアは手強いけれど、道の駅でなら、意外と気楽にはじめられるかも。今回は、キャンプやアウトドアに役立つ道の駅情報を集めてお届けします。アウトドアを楽しめればきっと、夏のおでかけがもっと楽しくなるはず。

道の駅 いおり「ハートランドヒルズin能登いおりリゾート」(石川県)

道の駅併設のキャンプ場をおすすめする理由

夏に楽しむアウトドアの代名詞といえばやっぱり「キャンプ」。動画サイトでもキャンプ関連動画が数多く再生されたり、一人で楽しむ「ソロキャンプ」が女性に人気になったり、と昨年あたりから若い世代を中心に注目を集めています。
山で行うキャンプなどは、経験としっかりした準備が必要ですが、整備されたキャンプ場ならもう少し気楽です。
それが、道の駅に併設されたキャンプ場ならさらに便利。まず、道の駅なので、当然のことながら自家用車で行きやすい場所にあること。案内板も大きく出ている上、カーナビでの検索も簡単です。
次に、売店や直売所がある道の駅が多いので、わざわざキャンプ場から離れたスーパーなどに買い出しに行かなくても済むこと。道の駅で買った地元の新鮮野菜や名産品を料理に使えば、さらに旅行気分も盛り上がります。もし料理が面倒ならば、道の駅のレストランで食事をするという手も。
そして、キャンプ場だけではなく、整備されたトイレなどの施設があること。場合によっては温泉や様々な体験施設も併設されていることがあるので、キャンプ中も快適に楽しく過ごせることも魅力です。
ご家族、ご夫婦、またはお友達とアウトドアやキャンプを楽しむなら、今度は道の駅のキャンプ場も候補に入れてみませんか?

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、外出については、政府や自治体などの指示に従った行動をお願いいたします。また、各施設について、営業内容の変更や休止などが行われる場合がございます。

道の駅 いおり
「ハートランドヒルズin能登いおりリゾート」

海に面した高台にある全面天然芝の5千坪のオートキャンプ場。便利な電源付きキャンプサイトを備えるほか、常設キャンピングカーやトレーラーハウスでの宿泊も体験できる。


【問】0767-32-3800
https://hl-hills.jp/iori/

気軽で贅沢なキャンプ「グランピング」

テント設営、料理の準備などは施設にまかせ、利用者は楽しむだけという新しいキャンプの形「グランピング」。キャンプ初心者、アウトドアが苦手な方でも気軽に楽しめるので人気です。道の駅にも併設するところが増えています。

道の駅 しんあさひ風車村「STAGEX高島」

内装・家具にもこだわり、プライバシーに配慮した余裕のある配置で並ぶキャビンや広々としたドームテントなどでグランピングを楽しめる。このほか日帰りでバーベキューも楽しめる。

【問】0740-25-8212
https://www.takashima.stagex.jp/

道の駅 しんしのつ「しのつ公園キャンプ場」

夜空はまるで天然のプラネタリウム。
グランピングでは、美しい星空の下、新篠津産のおいしい野菜を使ってダッチオーブンで作るゴージャスなキャンプディナーを楽しめる。

【問】0126-58-3166(たっぷの湯)
https://tappunoyuonsen.com/

おすすめキャンプ場 in 道の駅

道の駅 つぐ高原グリーンパーク(愛知県)

木立の中にあるウッディーエリアと、川沿いのリバーサイドエリアを選べるオートキャンプサイトの他、バンガローやデイキャンプ場も備えた施設。また、4〜11月の土曜日を中心に無料の星空観察会を開催している。

【問】0536-83-2344
http://www.green-park.net/

道の駅 小豆島ふるさと村(香川県)

本格的なオートキャンプサイトからテント泊、キャビンなどの簡易宿泊までそろったキャンプ場を併設。貸出品も揃っているので初めてでも安心。日中は、カヤック、海釣り、手打ちうどんなどの充実した体験プログラムを楽しもう。

【問】0879-75-2266
https://www.shodoshima.jp/

道の駅 こどまり 「折腰内オートキャンプ場」(青森県)

目の前は海水浴場となっているので、海水浴も併せて楽しめるというオートキャンプ場。天気が良ければ日本海に沈む美しい夕日も見ることができる。

【問】0173-64-3942(5〜6月)、0173-64-3600(7〜8月)
http://www.town.nakadomari.lg.jp/index.cfm/13,1151,41,50,html

道の駅 上矢作ラ・フォーレ福寿の里 「モンゴル村」(岐阜県)

本場モンゴルの移動式住居「ゲル」で宿泊でき、遊牧民気分を味わえる。ゲルは住居なので、中にはベッドなど家具のほか冷蔵庫、エアコンまであり、とても快適。また宿泊客は、管理棟の展望風呂を利用できる。

【問】0573-47-3010
https://kamiyahagi.com/village.html

キャンプに嬉しい 温泉のある道の駅

道の駅 ぽかぽかランド美麻(長野県)

白馬に近く、青木湖や木崎湖などのキャンプ場の道中に寄りたい道の駅。アルカリ単純泉で、マッサージ風呂や寝湯のほか、身体がよく温まるという「北投石の湯」が話題の温泉施設がある。

【問】0261-29-2030
https://miasa-pokapokaland.com/

道の駅 川根温泉(静岡県)

大井川鉄道のSLを眺めながら浸かれる露天風呂で人気の道の駅。キャンプ場のグリーンビレッジ川根からは車で5分という距離なので、キャンプ中や、行き帰りにも立ち寄りやすい。

【問】0547-53-4330
http://kawaneonsen.jp/

手ぶらでBBQ お気楽アウトドア

道の駅 グランテラス筑西(茨城県)

日帰りでアウトドア気分を味わうなら、やっぱりバーベキュー。ここでは手ぶら、そして収穫体験付きのプランがある。自分で収穫した野菜で味わうバーベキューに子ども達も大はしゃぎ。

【問】0570-088-817(ベジQ)
https://vegetable-bbq.com/bbq/chikusei

気軽にキャンプ気分 RVパーク併設の道の駅

RVパーク 道の駅南きよさと(山梨県)

「RVパーク」とは、日本RV協会が認定する、自動車での宿泊を公認された駐車スペースのこと。施設の駐車場の一画に専用の有料エリアを設けてあるのが一般的です。2020年4月13日現在、全国に152箇所あり、道の駅も26駅が認定されています。
道の駅に併設していれば、トイレだけではなく、売店やレストランも利用しやすいので、気軽に「車に泊まる」というアウトドア気分を味わうことができるのでおすすめです。

RVパークについて、またはRVパーク各施設について、
詳しくは公式ホームページでご確認ください。
https://rv-park.jp

 

RVパークの定義

※上記の一部が当てはまらない「RVパークライト」もあります。

RVパークの利用方法

*1 予約が必要な場所もあるので事前にご確認ください。※自分のスペース内においては車外へイスとテーブルを持ち出すことも可能ですが、車外での調理、直火、たき火やバーベキュー、アイドリングなど、他の利用者の迷惑になる行為は禁止されています。※各施設ごとに異なる料金設定やルールがございますのでご注意ください。

全国のRVパーク併設の道の駅

道の駅 おおた(RVパーク おおた)

料金▶1日1,000円/1台(トレーラー含む)
チェックイン▶24時間いつでも
チェックアウト▶24時間いつでも

 

 

道の駅 オライはすぬま(RVパーク はすぬま)

料金▶1泊 3,050円  日帰り 2,040円
チェックイン▶当日13:00~20:00
チェックアウト▶翌日10:00

 

 

あゆの里矢田川
(RVパーク 香美の隠れ家ときめき矢田川ヴィレッジ)

料金▶1泊 1,500円(要予約)
チェックイン▶当日15:00~17:00
チェックアウト▶翌日9:00〜14:00 道の駅

 

キャンピングカーを使って楽しい旅を

RVパークもオートキャンプ場も、普通乗用車でも十分楽しめますが、快適に車内で過ごすこと、宿泊することを目的につくられたキャンピングカーを使えば、もっと快適に過ごせます。
最近ではレンタカーや、常設のキャンピングカーを利用できるキャンプ場も増えていますので、一度体験してみるのもいいでしょう。

マナーを守って道の駅で快適に休憩

キャンプ場やRVパーク併設の道の駅以外では、駐車場での休憩は可能ですが、宿泊を禁止している道の駅が多くあります。
長時間の休憩をとりたい場合は、道の駅のスタッフに念のため確認をとりましょう。
また、道の駅は公共の場ですので、例え宿泊が可能だとしても、下に挙げたような他の利用者への迷惑になる行為は厳禁です。
夏のレジャーを存分に楽しむために、自分たちも他の利用者もお互いに快適に気持ちよく過ごせるよう、みんなでマナーを守って道の駅を利用しましょう。

 

この記事を読んでいる人は他にこんなメニューも見ています。

目指せ!ステキ道ガール★ ~第4回~

毎日暑いですねぇ・・・。 夏です!と言いたいところですが、梅雨も明けていない東北。 そんな中、編集部では秋号の制作が佳境を迎えております。 もはや季節がよくわかりません。 ブログのネタに困っていたところに飛び込んできた出張! タイミングよく……続きを読む

兵庫県 道の駅 神戸フルーツ・ フラワーパーク 大沢(おおぞう)
神戸の近郊に現れた ドライブの新たな目的地

今年3月末にオープンしたばかりの、道の駅「神戸フルーツ・フラワーパーク 大沢」。地元で親しまれてきたテーマパークに新たに「FARM CIRCUS」を加え、道の駅としてリニューアルしました。 なんといっても目玉は野菜や果物。地元の農家さんが毎……続きを読む

青森県 道の駅 いまべつ
北海道の玄関口で 電車の駅と道の駅がコラボ?!

  3月に開業した北海道新幹線。 北海道と本州を繋ぐ玄関口になっているのが今別町です。 元々あったJRの駅に隣接する形で新幹線の「奥津軽いまべつ駅」が建設され、さらに、それに合わせて道の駅「いまべつ」もリニューアル。 3つの駅が集……続きを読む