三条大橋
loading

特集

「フリーペーパー道の駅」の 読者が選んだ ジャンル別

ナンバーワン道の駅はココだ!

おかげさまで、弊誌は10周年を迎えました。
そこで今回は、10周年を記念して弊誌の読者アンケートの結果をもとにした各ジャンルのナンバーワン道の駅を発表します!
道の駅が好きな読者のみなさんが選んだ道の駅、どの道の駅も、いずれ劣らぬ魅力的な道の駅です。

選考基準について

「一番好きな道の駅」「その道の駅を選んだポイント」についての設問を加えた、2018年春号から2019年夏号までの弊誌読者アンケートをもとに集計。選んだポイント「食事」「買い物(直売所・お土産)」「施設」「サービス」「景色」、そして、「施設」から特に人気の高い「温泉」を抽出し、ジャンル毎に1位を決定。

 

一日中楽しめる! リピーター続出の道の駅

総合1位は、年間来場者数180万人以上を誇る、群馬県の道の駅「川場田園プラザ」。道の駅の施設内にはミルク工房、ミート工房、直売所、レストランなどが揃い、さらに陶芸やブルーベリーの摘み取り体験もあり、家族で一日中楽しめます。芝生をはじめ、休憩場所が多いのもポイントです。
7割が首都圏からの来場者で、そのうち4割が年に3回以上訪れる「ヘビーリピーター」だというのも納得の道の駅です。

道の駅 川場田園プラザ(群馬県)

☎0278-52-3711
http://www.denenplaza.co.jp/

 

ロイズだけじゃない! 新鮮野菜の品揃えも高評価!

チョコレートの「ロイズ」の常設コーナーも人気ですが、それ以上に評価が高かったのが直売所。
生産者が毎朝売り場に並べる、採れたての野菜は種類も豊富で、観光客にも地元客にも人気です。手作りのお惣菜やお漬物なども高評価のポイント。

道の駅 あ・ら・伊達な道の駅(宮城県)

☎0229-73-2236
http://www.ala-date.com/

 

明石海峡大橋を見上げる ダイナミックな景観は他にない!

全長3,911m、中央支間長(塔と塔との間の距離)1,991mで世界最長の吊り橋「明石海峡大橋」。道の駅「あわじ」は、橋を支える巨大なアンカーブロックに隣接。道の駅の敷地内からは、下から見上げる迫力ある明石海峡大橋の姿、海峡を渡る船や、対岸の神戸市を眺めることができる。

道の駅 あわじ(兵庫県)

☎0799-72-0001
http://userweb.awaji-bb.jp/awaji/

 

広大な店舗で まるで毎日が新潟物産展!

市街地からほど近い便利な立地と、豊富な品揃えで賑わう道の駅。売場の規模も非常に大きく、土産物を主に扱うバザール館の1Fだけで新潟県内にある約90蔵の日本酒に、お米やお菓子、工芸品、さらには鮮魚まで、と新潟県の土産物はここでほとんど揃ってしまう。

道の駅 新潟ふるさと村(新潟県)

☎025-230-3030
http://furusatomura.pref.niigata.jp/

 

海の幸を中心に いろんなジャンルが大集合!


伊東の玄関口にあり、目の前には太平洋。様々な海の楽しみ方ができる道の駅だが、特に食事が高評価。
刺身、定食、寿司、海鮮ピザ、そして浜焼きなど海の幸を楽しめるのはもちろん、そば、うどん、ラーメン、アイスクリームや、軽食にぴったりのパン屋など、様々な好みに対応したお店が計10店以上!!

道の駅 伊東マリンタウン(静岡県)

☎0557-38-3811
https://ito-marinetown.co.jp/

 

小学校をリノベーション! まるで小学生になった気分?!

役目を終えた保田小学校の126年の歴史を受け継ぎ、体育館を使った直売所、教室を使った宿泊施設など、小学校の雰囲気を残しつつ道の駅に。チャイムなどの演出もユニーク。
2019年9月の台風で大きな被害があった直売所は、仮設店舗で営業中。小学生気分を味わいながら、買って、食べて、泊まって、被災地を応援しよう。

 

道の駅 保田小学校(千葉県)

☎0470-29-5530
https://hotasho.jp/

 

豊富な湯量の 美人の湯

長野県の道の駅「信州平谷」の日帰り温泉施設「ひまわりの湯」は、豊富な湯量と、広々とした庭園露天風呂が人気。ナトリウム炭酸水素塩温泉(重曹泉)が美肌に効果があるといわれ、別名「美人の湯」とも呼ばれている。

道の駅 信州平谷(長野県)

☎0265-48-2911
http://hiraya-himawarinoyu.com/

 

感じの良い接客が高評価 地元感たっぷりの道の駅

よりすぎタイムス(2019年8月号より)※HPにも掲載

アンケートのコメント欄に「スタッフの感じが良い」「人当たりが良い」といった言葉が並んだ道の駅。道の駅によりすぎた(?)情報を掲載した「よりすぎタイムス」からも、スタッフの人の良さが伝わってくるようだ。

道の駅 よって西土佐(高知県)

☎0880-52-1398
https://yotte.jp

 

10周年記念
フリーペーパー道の駅と 道の駅の歴史を振り返る

千葉県版と栃木県版が2009年に創刊してから10年。創刊当時、道の駅の登録が全国で900を超え、ようやく道の駅が一般的にも広く知られるようになっていました。
それから弊誌は、道の駅を中心に、観光、グルメ、歴史などの地域の情報を皆さまにお伝えし続け、おかげさまで現在では、全13エリア、1都1道21県の道の駅で配布されるまでになりました。
当初は休憩場所、中継地点であった道の駅も着実にファンが増え、道の駅を目的に旅をする人も多くなっています。
弊誌は今後、さらに配布エリアを拡大し、より多く、より内容の濃い道の駅情報をお届けします。そして、道の駅を通してその地域が元気になるように、活動を続けていきますので、今後の「フリーペーパー道の駅」にご期待ください。

(クリックで大きいサイズ)

なぜ表紙が東海道五拾三次なのか

 

古代日本では街道の所々に、通信・移動のための馬・舟・人夫などの供給、そして宿泊や休憩ができる場所を設け、それを「駅」と呼んでいました。後の「宿場」です。つまり「道の駅」とは、現代の「街道の宿場」だと考えられます。
そこから着想を得て、「道の駅」の情報誌である「フリーペーパー道の駅」の表紙には、創刊から毎回、東海道の宿場を描いた、歌川広重の「東海道五拾三次」を使用するようになりました。

この記事を読んでいる人は他にこんなメニューも見ています。

いざ行かん! 北の大地
北海道の道の駅は凄いがいっぱい

全国の1割以上にあたる115もの道の駅がある北海道。
その中から、特にコレ!という道の駅を厳選してご紹介致します。
北海道の広い大地をドライブがてら行ってみよう、北海道の道の駅!

道の駅を「デザイン」する

「デザイン」と道の駅 毎年新たな道の駅が生まれる中、変わりつつある「道の駅」のイメージ。道の駅と言えば、以前まで「直売所」のイメージが強かったと思いますが、みなさんも道の駅に立ち寄った時に、まるで百貨店やセレクトショップのようで驚くことはあ……続きを読む

道の駅 取材紀行 〜ロード オブ ザ 道の駅〜 番外編

だいぶ間が空いてしまいました。 誰もお待ちにはなっていなかったのではないかとは思いますが、申し訳ございません。   さて今回のお話ですが、いつもとは少し違って、私たちの担当している他の仕事について少しご紹介いたします。 &nbsp……続きを読む