三条大橋
loading

特集

特集

「しごと」を伝える・魅せる「道の駅」

平仮名で「しごと」と書いた方がしっくりくるような、 人の温かさを感じる、工芸品や民芸品の技と品。 それをより多くの人へ、そして次の世代へ伝えるために 様々な取り組みを行う道の駅を、今回はご紹介します。   新しい感性を取り入れて ……続きを読む

平仮名で「しごと」と書いた方がしっくりくるような、 人の温かさを感じる、工芸品や民芸品の技と品。 それをより多くの人へ、そして次の世代へ伝えるために 様々な取り組みを行う道の駅を、今回はご紹介します。

 

新しい感性を取り入れて 新しい伝統を作り出す

木曽漆器

道の駅を拠点とする一般財団法人 塩尻・木曽地域地場産業振興センター「木曽くらしの工芸館」と、昭和女子大学の学生たち、そして木曽漆器の職人たちがコラボしたブランド「cocoro concept」。一昨年誕生したばかりですが、アクセサリーや器など、漆器の技術で女性の感性や「愛らしさ」を表現した新感覚の商品に、各方面から注目が集まっています。

道の駅 木曽ならかわ (長野県)

☎0264-34-3888

cocoro concept については ▶ http://www.cocoroconcept.jp

 五箇山和紙

かつて加賀百万石を支えた「五箇山和紙」も、伝統を受け継ぐ道の駅と若い感性によって、新しい価値が加わりました。例えば、かわいい市松文様がポップなブランド「ちんちろ」、明るい蛍光色と使いやすい商品を揃えたブランド「FIVE」。海外のショップでも取り扱われるなど、世界からも注目されています。

道の駅 たいら (富山県)

☎0763-66-2223

http://gokayama-washinosato.com

 

 

触れて、使って 良さを実感してもらう

府中家具

道の駅のレストランに数種類あるテーブルや椅子は、地元の4つのメーカーがそれぞれに作ったこだわりの逸品。 高級家具で有名な「府中家具」の町らしく、道の駅ではその300年続く伝統技術を実際に使って体感することができます。 使ってみて気に入ったメーカーがあれば、販売店などを紹介してもらうことも。道の駅が府中家具への「入口」となっています。

道の駅 びんご府中 (広島県)

☎0847-54-2300

http://www.tenmaya-store.co.jp/tenpo/59/index.html

益子焼

道の駅の壁にずらっと並ぶ、200個近くのカップ。これは「益子焼」の作家それぞれの作品を並べた通称「ましこの作家棚」。ここから自分好みの作家を見つけるのはなかなか楽しい作業です。そしてレストランでは、益子焼の器で食事ができます。その魅力は、実際に食べ物を載せて、使ってこそわかります。

道の駅 ましこ (栃木県)

☎0285-72-5530

http://m-mashiko.com

 

 

体験することで手しごとを知る

道の駅たくみの里(群馬県)

たくみの里では、草木染から竹細工、陶芸、キャンドル作り、伝統工芸の木工、おめん作り、さらにそば打ち、豆腐づくりまで、平日でも10種類以上、土日には20種類を超える手作り体験プログラムを開催しています。 手しごとの難しさ、それを超える楽しさを実感すること間違いなし。

☎0278-64-2210 (総合案内所 豊楽館

http://takuminosato.or.jp/horaku/t_horaku.html

道の駅 土佐和紙工芸村(高知県)

全国的に名高い「土佐和紙」の制作を本格的に体験できます。 1人からでも丁寧に教えてくれるので安心。地元の学校などでは、自分の卒業証書を自分でつくるところもあるとか。 他に、はた織り体験、アクティブなカヌー体験も。 宿泊施設も備えているので、予約を入れておけば、落ち着いて和紙づくりに取り組めますね。

☎088-892-1001

http://www.qraud-kochi.jp

 

 

本物を、身近に。

三木金物

道の駅という誰でも立ち寄れる場所にあるとは思えない(?)金物製品の品揃え。三木市内約100社からの約20,000アイテムの中には、プロ御用達の道具や、伝統工芸士によって作られた逸品など、一般には出回らないようなものも多数。 もちろん、誰でも自由に見学できますし、購入だってできます。

道の駅 みき (兵庫県)

☎0794-86-9500

HOME

金物展示即売館

☎0794-82-7050

http://www.kanamono.ne.jp

 

 

未来に技術を伝えていく

からむし織

「からむし織」とは、からむし、または苧麻(ちょま)とも呼ばれる植物の繊維から作る織物のこと。

道の駅のある昭和村では、からむし織の体験生「織姫・彦星」を毎年募集し、からむしの栽培から布を織るまでの約11ヶ月間、村に住みながら体験してもらいます。 その活動をバックアップするのも道の駅の役割。なんと、道の駅の舟木駅長も、体験生を経て村に移住した一人です。

道の駅 からむし織の里しょうわ (福島県)

☎0241-58-1655

http://www.vill.showa.fukushima.jp/sato.stm

 

猫ちぐら

「猫ちぐら」とは、藁を編んで作った猫用の寝床。近年、テレビなどでも話題に。

「関川村猫ちぐらの会」会員にしか伝えられない「村外不出」の関川村の猫ちぐらの製法ですが、現在は道の駅を拠点に会員を募り、猫ちぐらだけではなく、その製法を生かしたご飯のおひつを入れる「おひつ入れ」の製法も、地元の若い世代に伝えています。 道の駅で製作風景も見学できます。

道の駅 関川(桂の関)(新潟県)

☎0254-64-3311(関川村猫ちぐらの会)

http://www.nekochigura.com

伝統工芸品や民芸品にとっての「道の駅」が果たす役割においては、「道の駅」自体の機能や人気を上手く活用することが重要です。  この記事でも前述したように、地域の外と中をつなぐ「道の駅」には、普段工芸などには積極的に触れないような人も訪れるので、新たな客層や、興味を持った人の中から次代の担い手を発掘できる可能性もあります。  また、近年は「道の駅」人気のために都市部でも「道の駅」が参加するイベントなどが増えています。グルメやお土産が人気の中心ですが、それらを目当てに訪れた多くの人たちに、その場で工芸品を見て触れてもらい、直の反応を集めて、今後の商品開発に活かすこともできます。  さらに「道の駅」には、地域の玄関口や広報担当として、また今後は地域を活性化するための「頭脳(ブレーン)」としての役割が求められるようになると考えられます。この記事の例のように、地域と「道の駅」、そして伝統工芸品・民芸品の関係者ががっちり手を組んで取り組めば、工芸の分野でも各地で新しい価値が生まれてくることが期待できそうです。

この記事を読んでいる人は他にこんなメニューも見ています。

道の駅 取材紀行 〜ロード オブ ザ 道の駅〜 その2

久々のこのコーナー。忘れた頃にやってきます(書き手が)。   取材で道の駅に寄りますと、様々な個性的なものが目に入ります。 まずは外観、食べもの、そして、人など。   そんな中から今回は、道の駅で見つけた個性的なオブジェ……続きを読む

和紙と道の駅
和紙に包まれる冬

昨年、ユネスコの文化遺産に登録された「和紙 日本の手漉(てすき)和紙技術」。日本各地で今なお伝えられる和紙、伝統の職人技に、ふと立ち寄った町で触れることが出来るとしたらどうでしょう。しかも、自分で和紙を作れるとしたら。
今回は、和紙と、その和紙の文化にどっぷりと浸れる「道の駅」をご紹介します。

茨城県 道の駅 みわ
何と言っても新鮮野菜! そばも美味しい「道の駅 みわ」

今年で満二十年を迎える「道の駅 みわ」。もともと地元の物産センターとして生まれたこの駅は、今日も多くのお客様で賑わいます。 「とにかく、品揃えの豊富な野菜売場が自慢です!」と、堀江駅長が太鼓判を押す野菜売場は、スーパー顔負けの品揃え。「良い……続きを読む