三条大橋
loading

特集

水のいきものと道の駅

道の駅で出会う水のいきもの大図鑑

さぁ、今年も暑い夏がやってきます。
天気のいい日に外で過ごすのも気持ちがいいですが、涼を求めて出かける人も多いことでしょう。
全国には水中を悠々と泳ぐ魚やペンギンなど、水のいきものと出会える道の駅があります。
暑さを少し和らげてくれそうな、水の世界をのぞいてみませんか?

tokusyu_natsu_2017

ホタルイカと 深海の神秘を体験

春になると産卵のために富山湾沿岸に集まり、青白く美しい光を放つホタルイカ。
富山県の滑川市の海岸一帯は、ホタルイカ群雄海面として国の特別天然記念物に指定されています。
滑川市の観光拠点、道の駅「ウェーブパークなめりかわ」に隣接するのが「ほたるいかミュージアム」です。

美しい光を放つホタルイカ。

美しい光を放つホタルイカ。

その名の通り、「ホタルイカ」をテーマにした体験型の博物館ですが、人気なのはホタルイカだけではありません。
見逃せないのが暗室でつくられた深海展示です。中でもいちばんの見どころは世界最大の等脚類「ダイオウグソクムシ」。
具足(鎧)をまとったような姿をした深海生物で、ダンゴムシやフナムシの仲間です。ダイオウグソクムシが見られる水族館は全国的にも少なく、ましてや道の駅はごくわずかです。

「食べなくても生きる」ことで知られるダイオウグソクムシ。

「食べなくても生きる」ことで知られるダイオウグソクムシ。

このダイオウグソクムシは大型魚類やクジラの死骸、弱った魚などを食べることから「深海の掃除屋」と呼ばれています。
しかしその生態の多くは解明されていないまま。謎に包まれているからこそ、たくさんの人々の心をとらえて離さないのかもしれません。
深海展示室にはそのほかに同じ海生甲殻類の「オオグソクムシ」や、生きた化石と呼ばれる「オウムガイ」も。
オウムガイのふわふわと泳ぐ姿も見どころです。
3月中旬~5月下旬には活きたホタルイカの発光ショーが見られます。

この時期ならホタルイカに触ることができる。

この時期ならホタルイカに触ることができる。

期間外はLEDライトによるホタルイカの発光イメージの展示のほか、深海に生息する発光プランクトン「龍宮ホタル」の発光ショーを楽しめます。
富山湾と深海の神秘にふれられる貴重なひととき。きっと未知の世界が待っています。

 ほたるいかミュージアム

住所 富山県滑川市中川原410 ☎︎076-476-9300
営業時間 9:00 ~ 17:00 ※最終入館 16:30
休日 6/1~3/19の毎週火曜日 (祝日の場合は翌日)、年末年始、1月の最終月曜日から3日間
●「活きたホタルイカの発光ショー」開催期間  大人800円、小人(3歳〜中学生)400円  それ以外の期間 大人600円、小人300円 道の駅

 道の駅 ウェーブパークなめりかわ

【パノラマレストラン光彩】 営業時間 3〜8月 11:00〜21:00(L.O 20:30)、9〜2月 11:00〜17:00(L.O 16:30)
【みち cafe wave】 営業時間 10:00〜16:00 ※時期により異なる
●施設により異なる ※詳細は要問合せ

 

世界のエビとカニが 紀伊半島に大集結

紀伊半島の南南西、沿岸部に位置し、枯木灘を一望できる道の駅「すさみ」。
その敷地内にあるこの施設は、名称通りエビとカニが主役の水族館で、世界最大のカニ「タカアシガニ」や世界最大のエビ「アメリカンロブスター」など、100種類以上の珍しい甲殻類を展示しています。

世界最大級の大きさの甲羅を持つタスマニアンキングクラブ

カブトガニを裏側から見る天井水槽や、小さな丸窓からのぞく海底探検潜水艇など、展示方法にもさまざまな工夫が。
その他ウニやヒトデにさわれるタッチプールなどもあり、子供たちにも大人気です。

すさみ町立 エビとカニの水族館

住所 和歌山県西牟婁郡すさみ町江住808-1 ☎︎0739-58-8007
営業時間 9:00~18:00(4~9月)、9:00~17:00(10~3月) ※最終入館 閉館30分前
休日 年中無休
●高校生以上800円、小・中学生500円、幼児(3歳以上)300円

道の駅 すさみ

☎︎0739-58-8888
営業時間 9:00~18:00 ※12〜2月 〜17:00
休日 不定休

 

魚だけじゃない「おさかな館」

日本一の清流といえば「四万十川」。
そこに棲む魚を中心に、川の不思議や魅力を紹介しているのが道の駅「虹の森公園まつの」にある「おさかな館」です。
四万十川に生息する生き物はもちろん、アマゾン系の水槽もあり、ピラルクが悠々と泳ぎます。
「おさかな館」といっても魚だけではありません。
ペンギンやカワウソなどが飼育されているのも魅力で、お食事タイムも人気です。
夏休み中はペンギンが館内を散歩する「おさんぽペンギン」を毎日開催!

フンボルトペンギン

フンボルトペンギン

世界でいちばん小さい「コツメカワウソ」。

世界でいちばん小さい「コツメカワウソ」。

おさかな館

住所 愛媛県北宇和郡松野町大字延野々1510-1 ☎︎0895-20-5006
営業時間 10:00~17:00
休日 年中無休
●1/1、毎週水曜日 ※祝日、春休み、GW、夏休み、冬休みは休まず営業 ●高校生以上900円、小・中学生400円、幼児(3歳以上)200円

道の駅 虹の森公園まつの

同上

 

日本一と世界初が揃う展示施設

幻の魚といわれる「イトウ」は日本最大の淡水魚です。
道の駅「おんねゆ温泉」に併設された「北の大地の水族館」では、1メートル程度に育った最大級のイトウが約20匹も飼育されています。
その数は日本最多!
自然に近い環境をつくり出すことで、魚本来の生き生きとした行動を観察できます。

「滝つぼ水槽」や「ジャンプ水槽」など他では見られないユニークな展示も多くあります。
また、凍った川の下で魚が泳ぐ様子を観察できる、世界初とされる展示にも注目です。

川のハンター 「イトウ」

川のハンター 「イトウ」」

滝つぼ水槽。

滝つぼ水槽。

北の大地の水族館

住所 北海道北見市留辺蘂町松山1-4 ☎︎0157-45-2223
営業時間 8:30~17:00(4~10月)、9:00~16:30(11〜3月)
休日 4/8~4/14、12/26~1/1
●一般670円、中学生440円、小学生300円

道の駅 おんねゆ温泉

同上

 

身近な生きものが主役

九州屈指の清流「番匠川」をテーマにした「番匠おさかな館」。
道の駅「やよい」に併設されたこの施設では、その生息環境を水槽にリアルに再現しています。
川に潜ったような気分でいきいきと泳ぐ魚を見られるほか、世界の熱帯淡水魚も展示。
約100種2000匹の生きものを通じ生物の多様性を感じることができるのも魅力です。
定期的に開催される特別展も要チェック!
毎回工夫を凝らした内容で、何度も訪れたくなります。
道の駅には温浴施設も。お風呂と魚に癒やされる道の駅です。

ナマズ目 ピメロドゥス科のレッドテールキャットフィッシュ。

外に造られた水槽を館内から眺められる「屋外生態水槽」。

番匠おさかな館

住所 大分県佐伯市弥生大字上小倉898-1 ☎︎0972-46-5922
営業時間 10:00~17:00 ※最終入館 16:45
休日 第2火曜日(祝日の場合は翌週火曜日)、年末年始
●大人(中学生以上)300円、子供(4歳〜小学生)200円

道の駅 やよい

☎︎0972-46-5951
営業時間 8:30~17:30
休日 年中無休

 

2種のクリオネが一年中見られる!

流氷や海洋に関して学べる施設「流氷科学センター」を備える道の駅。

オホーツク海に流氷とともにやってくる2種のクリオネを1年を通して展示しています。
またクリオネ解説タワーでは、捕食シーンなどの貴重な映像を見ることができます。
氷漬けの魚の標本が並ぶ「流氷水族館」も見応え充分です。

オホーツク流氷科学センター
道の駅 オホーツク紋別

住所 北海道紋別市元紋別11 ☎︎0158-23-5400
営業時間 9:00~17:00
休日 4/1~12/28:月曜日(祝日の場合翌日)、祝日の翌日、1/4~3/31:無休 ※12/29~1/3は年末年始休業
●一般450円、高校・大学生150円 ※映像ホールは料金別途

 

優雅に泳ぐウミガメとご対面

毎年5〜8月、アカウミガメが産卵のためにやってくる三重県紀宝町。

道の駅「紀宝町ウミガメ公園」は、ウミガメの保護と啓発活動の拠点となっている施設です。
館内のプールでは3種類のウミガメが悠々と泳ぎます。
タッチングプールもあり、サザエやウミウシにふれることもできます。

道の駅 紀宝町ウミガメ公園
ウミガメふれあいパーク

住所 三重県南牟婁郡紀宝町井田568-7 ☎︎0735-32-3686
営業時間 【資料館・飼育棟】 9:00~18:00、【物産館】 8:30~18:00
休日 年中無休
●無料

 

道の駅 みなかみ水紀行館

群馬県唯一の水族館のいちばんの見どころは、淡水魚では珍しいトンネル水槽。

人間の古い角質を食べてくれることで有名な、ドクターフィッシュの展示も人気です。

水産学習館

住所 三重県南牟婁郡紀宝町井田568-7 ☎︎0735-32-3686
「食べなくても生きる」ことで知られるダイオウグソクムシ。
道の駅内の里山公園では土日祝日のみ開催の釣り体験が大人気!
ニジマスは釣ったその場で塩焼きで食べられます。
持ち帰りの料金など詳細は要問合せ。

 

道の駅 くりもと

道の駅内の里山公園では土日祝日のみ開催の釣り体験が大人気!

ニジマスは釣ったその場で塩焼きで食べられます。
持ち帰りの料金など詳細は要問合せ。

ザリガニ・ニジマス釣り

住所 千葉県香取市沢1372-1 ☎︎0478-70-5151
営業時間 【農産物直売所】 9:00~18:00、【食事処いっぷく】 11:00~15:00、【花・植木センター 】9:00〜16:00、※季節により変動あり
休日 12/31〜1/3

 

道の駅 伊方きらら館

部屋全体の壁や天井を使って映像を投影し、海の底の世界を表現したバーチャル水族館。
来館者の動きに反応し、魚がさまざまなアクションをしてくれます。

バーチャル水族館“きららアクアリウム”

住所 愛媛県西宇和郡伊方町 九町字3番耕地179-1 ☎︎0894-39-0230
営業時間 9:00~17:30
休日 年中無休
●無料

この記事を読んでいる人は他にこんなメニューも見ています。

中辛!えみちゃんねる ~黒にんにく飴~

最近、見聞きすることが多い黒ニンニク。 皆さんはこの黒ニンニクについて詳しくご存じでしょうか?   黒ニンニクは、生のニンニクを約1ヶ月間かけて発酵させることで実が黒くなるそう。 栄養素の宝庫ともいわれるニンニクは黒ニンニクになる……続きを読む

目指せ!ステキ道ガール★ ~第4回~

毎日暑いですねぇ・・・。 夏です!と言いたいところですが、梅雨も明けていない東北。 そんな中、編集部では秋号の制作が佳境を迎えております。 もはや季節がよくわかりません。 ブログのネタに困っていたところに飛び込んできた出張! タイミングよく……続きを読む

茨城県 道の駅 ひたちおおた
地元の人まで驚いた?! 野菜が美味しい道の駅!

7月にオープンしたばかりの、茨城県内13番目の道の駅「ひたちおおた」。水戸黄門が隠居生活を送ったこの地の道の駅は、オープンして間もないですが、既に地元のお客様で毎日賑わっています。 とにかく、ここに来たらまずは野菜!直売所には新鮮な常陸太田……続きを読む