三条大橋
loading

特集

お漬物と道の駅

道の駅で 日本全国 ご当地お漬物めぐり

日本各地に伝わる「漬物」。
旬の時期に一気に採れてしまう野菜を保存し、さらに美味しく食べるために農家の知恵が生んだ日本の伝統食。
実りの秋を経て今年も、道の駅の店頭にはたくさんの美味しい漬物が並ぶことでしょう。

01_02_tsukemono_CS5

 

家庭の味「お漬物」

「漬物」は、ご飯のおかずに良し、お茶請けに良し、酒の肴に良し、という私たち日本人の食生活にとても馴染む食べ物です。その歴史は古く、今から二千年も昔の大和時代に、すでに塩漬けによる食品の保存が行なわれていたといわれています。

「古臭い」と若い世代に敬遠されがちだった漬物ですが、最近はその健康・美容面の効果もあり、再び見直されています。「ぬか床」でお漬物を作ることも、新しい趣味の一つとして若い世代にも人気です。

塩や醤油、味噌、お酢に麹…。漬ける調味料も様々なら、野菜や果物、それに魚など、その材料も千差万別、日本全国を見渡してみれば、それこそ数多くの種類のお漬物が。その上、同じ種類だとしても、地域や各家庭での違いも考えれば、星の数ほどの種類のお漬物が存在していることになります。

01_02_tsukemono_CS5

 

「いぶりがっこ」選びに悩んだら

%e3%81%84%e3%81%b5%e3%82%99%e3%82%8a%e3%81%8b%e3%82%99%e3%81%a3%e3%81%93

秋田県の名物として有名なものの一つに「いぶりがっこ」があります。「いぶりがっこ」とは、漬物として使う干し大根が凍ってしまうのを防ぐために、大根を囲炉裏の上に吊るしていぶし、米ぬかで漬け込んだものです。「がっこ」とは、秋田の方言で漬物のこと。ぱりぱりとした食感が楽しめ、噛めば噛むほど燻製の香りが口の中いっぱいに広がります。今や全国でもっとも有名な漬物の一つで、秋田県内の道の駅でも人気の品です。

秋田県の南部に位置する美郷町にある道の駅「雁の里せんなん」には、生産者がそれぞれ自分の家の作り方で作ったいぶりがっこが所狭しと並びます。見た目も様々ですが、食べてみると、同じいぶりがっこでもこんなに違うのかと思うほど、味わいも香りも違うことに驚きます。これだけのものが揃うと、選ぶのに迷ってしまうことでしょう。

どう選んでいいかわからなくなってしまっても安心してください。こちらでは、道の駅のスタッフが、味の好みに合わせておすすめを紹介してくれます。地方発送でも然り。このサービスが好評で、遠く関東からも注文が絶えないそうです。

まさに「いぶりがっこコンシェルジュ」。いぶりがっこの楽しみがより広がります。

道の駅 雁の里せんなんの直売施設には、生産者自慢のいぶりがっこが並ぶ。

道の駅 雁の里せんなんの直売施設には、生産者自慢のいぶりがっこが並ぶ。

道の駅 雁の里せんなん スタッフのみなさん

道の駅 雁の里せんなん スタッフのみなさん

 

24_%e3%81%9b%e3%82%93%e3%81%aa%e3%82%93

 

 

 

 

 

 

道の駅 雁の里せんなん

住所 秋田県仙北郡美郷町金沢字下館124 ☎︎0182-37-3000
営業時間 【物産館・野菜直売施設】 9:00〜19:00(11月〜3月 18:00迄)【レストラン】11:00〜15:00【軽食・手作り販売室】9:00〜18:00         休日 1/1 ※月末の平日 時短あり

 

漬物名人が支える 北の名物道の駅

材料の混ぜ方や漬け方にも様々な工夫が。

材料の混ぜ方や漬け方にも様々な工夫が。

「漬物」の道の駅といえば、真っ先に名前があがる道の駅「うたしないチロル」。ここには2人の漬物名人がいます。江畑初美さんと布間玲子さん。

母から受け継いで50年以上のキャリアを持つ名人は、昔ながらのおふくろの味を守りつつも、常に新鮮な感動を届けるように心がけているそうです。日頃の工夫を忘れない2人のお漬物は、北海道内外から注文が絶えません。

一口食べてみて、自信を持って出せる一品ができた時に幸せを感じるという名人。今日も幸せの一品が店頭に並びます。

常時30種類以上の漬物を販売。

常時30種類以上の漬物を販売。

道の駅の漬物名人 江畑さん(左)、布間さん(右) 名人おすすめの極上漬(玄米漬、粕味噌漬、べったら漬) 各1本 ¥1,080

道の駅の漬物名人 江畑さん(左)、布間さん(右) 名人おすすめの極上漬(玄米漬、粕味噌漬、べったら漬) 各1本 ¥1,080

%e3%81%86%e3%81%9f%e3%81%97%e3%81%aa%e3%81%84_%e5%a4%96%e8%a6%b3

 

 

 

 

 

 

道の駅 うたしないチロル

住所 北海道歌志内市字中村72番地2 ☎︎0125-42-5566
営業時間 9:00〜16:00※4月〜10月は18:00迄        休日 11月~3月 毎週月曜日(祝日の場合は 翌火曜日)、12/30~1/5

 

関東一の漬物処、深谷市。野菜の産地のふるさとの味。

道の駅の物産センター内には、広い漬物専用コーナーが!

道の駅の物産センター内には、広い漬物専用コーナーが!

深谷市の道の駅「おかべ」。物産センターには「関東一のお漬物」の文字が。

今から60年ほど前、都市化の影響で練馬大根の産地が移動してきたことをきっかけに、漬物づくりが盛んになった深谷市。現在、岡部地区を中心として30以上の漬物業者が集まっていて、道の駅にも各社こだわりの漬物が並びます。

深谷市の老舗、漬物工房髙田の髙田社長のおすすめは、自然の酸味が魅力の「しゃくし菜漬」と、深谷ねぎの風味を生かした京風の「深谷ねぎしば」。

料理に使っても美味しい逸品です。

深谷ねぎしば 165g ¥443

深谷ねぎしば 165g ¥443

しゃくし菜漬け 240g ¥410

しゃくし菜漬け 240g ¥410

漬物工房 髙田 髙田 美三雄 社長

漬物工房 髙田       髙田 美三雄 社長

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

道の駅 おかべ

住所 埼玉県深谷市岡688-1 ☎︎048-585-5001
営業時間 7:00〜20:00(物産センター)    休日 年中無休(10月臨時休館日あり)

 

「南高梅」誕生の地、みなべ町 梅干しといったらこの道の駅!

梅料理研究会の会長も務める名人の岩本直子さん

梅料理研究会の会長も務める名人の岩本直子さん

今や高級梅の代名詞ともいえる「南高梅」。その誕生の地、みなべ町の道の駅「みなべうめ振興館」には、南高梅の貴重な資料の展示の他、様々な南高梅の加工品も売店内に並びます。

おすすめは塩分3%の超低塩梅干し「しそうすライト」、塩だけで漬けた伝統の味「昔ながらの梅干し」。

梅干し名人の岩本さんは、正確な塩の割合を心がけて漬けています。また、「風味の濃厚な南高梅は、調味料としても重宝します。」とのこと。梅ご飯や和え物にも、ぜひ南高梅をどうぞ。

道の駅の売店内には南高梅関連商品が所狭しと並びます。

道の駅の売店内には南高梅関連商品が所狭しと並びます。

昔ながらの梅干し 200g ¥486

昔ながらの梅干し 200g ¥486

しそうすライト 280g ¥1,080

しそうすライト 280g ¥1,080

minabe_gaikan

道の駅 みなべうめ振興館

住所 和歌山県日高郡みなべ町谷口538番地1 ☎︎0739-74-3444
営業時間 9:00~17:00※展示室の入場は16:30迄

休日 毎週火曜日(祝日の場合翌日)、12/29〜12/31 ※2月は無休

 

 

西の名人がつくる漬物は 愛情たっぷり、地元の名物

人気の亀山さんのお漬物は、並べたそばから売れていくそう。

人気の亀山さんのお漬物は、並べたそばから売れていくそう。

漬物の盛んな地区としても知られる庄原市高野町。道の駅「たかの」内の「わいわい高原市場」に並ぶ漬物の中でも人気なのが、地元の名人、亀山真理子さんが漬ける「亀ばあちゃんのお漬物」です。

伝統の手順を守りながらも、今風の味覚に合うようにアレンジされているので「普通は若い人に敬遠されそうな古漬(※)でも、意外に若い人に人気なんですよ。」(亀山さん)とのこと。

水っぽくならないよう、漬け過ぎないように、と亀山さんが心を尽くした漬物は、今日もお客さんの心をつかみます。

※古漬=特に長期間漬け込んだ漬物のこと。

道の駅の漬物名人 亀山真理子さん(右)と「わいわい高原市場」岡村店長(左)

道の駅の漬物名人 亀山真理子さん(右)と「わいわい高原市場」岡村店長(左)

お漬物盛り合わせ(古漬) ¥340

お漬物盛り合わせ(古漬) ¥340

お漬物盛り合わせ (7点)¥350

お漬物盛り合わせ
(7点)¥350

17_%e3%81%9f%e3%81%8b%e3%81%ae

 

 

 

 

 

 

道の駅 たかの

住所 広島県庄原市高野町下門田49番地 ☎︎0824-86-3131
営業時間 9:00〜18:00  11:00〜17:00(高原カフェレストラン そらら)※年末年始は営業時間変更の可能性あり 休日 第2・第4水曜日

 

※表示価格はすべて税込です。

日本全国 漬物地図

05_tsukemono_CS5

この記事を読んでいる人は他にこんなメニューも見ています。

青森県 道の駅 しんごう
青森県の酪農発祥の地で遊んで学んで味わおう!

標高350mの高原に広がる広大な道の駅。自然滞在型観光レクリエーション施設「間木ノ平グリーンパーク」に併設されています。 キャンプやスポーツはもちろんですが、いちばんの顔は牧場です。時期によっては、人よりも牛の数のほうが多くなるとか。体験メ……続きを読む

災害と道の駅
道の駅は、今日も「元気」に営業中!

災害が起きた後、道の駅は避難所になり、防災拠点になり、人々の心の拠り所になりました。
東日本大震災から5年を迎える今、過去の災害の記憶を伝える道の駅、そして被災から復興した、または復興しようとしている道の駅の「今」をお伝えします。

長野県「道の駅 美ヶ原高原美術館」
つい長居してしまう、標高2,000mの「道の駅 美ヶ原高原美術館」

ビーナスラインの終点、富士山の五合目とほぼ同じ標高にあるのは、日本で一番高い場所にある道の駅。