三条大橋
loading

クロースアップ道の駅

岩手県 道の駅 おりつめ

海外でも認められる最高級の甘茶を九戸村から!

スタッフのみなさんと九戸村の守り神「オドデ様」

九戸村は全国でも有数、東北では唯一の甘茶の生産地です。
しかし、日本の一般家庭で飲まれる機会は少なく、そのほとんどはお寺で消費されたり、海外へ輸出されたりしています。
甘茶は日本特産の植物で、葉を煎じて飲みます。甘さは砂糖の200倍程もありながら、ほぼノンカロリーでノンカフェイン。
そのため砂糖の代用として利用されることもあり、ダイエットなどへの応用も期待されています。
この甘茶を日本のみならず世界に発信しているのが道の駅「おりつめ」です。

村内で生産した甘茶をすべて買い取り、製薬会社や一般家庭に販売しています。

ヨーロッパ各国にも輸出し、「食のオスカー」とも呼ばれるイギリスの権威ある食品コンテストでトップ50にランクイン!
さらにはエリザベス女王に献上したこともあるそうです。
産直施設ではその最高品質の甘茶を無料で試飲でき、茶葉やティーバッグで購入できます。

甘茶は一見薄めのほうじ茶のよう。
アジサイの仲間で、7月頃に花を咲かせます。
葉はそのまま食べると苦みがありますが、発酵させることで甘みが出ます。

 

産直野菜や郷土料理なども豊富に揃う「おりつめ」は、のどかな田園地帯にありながら、いつも大勢の人で賑わっています。

何もない地域でキラリと光るのがこの道の駅だと話す秋元施設長。
岩手県北部の魅力をじわじわと広めています。

yasai

村内で採れた新鮮野菜が並ぶ産直売場

yasaihyou

「入荷カレンダー」で旬のものが一目瞭然!

 

 

 

 

 

 

 

岩手県北部の味覚がいろいろ! 郷土料理に軽食、スイーツも♪

九戸かっけ ¥520(税込)

九戸かっけ ¥520(税込)

県北部の郷土料理「九戸かっけ」 。そばやうどんを作るときに出る端っこの部分「かけら」が由来だそう。

田楽とうふ ¥100(税込)・串もち ¥70(税込)

田楽とうふ ¥100(税込)・串もち ¥70(税込)

田楽とうふや、串もちは、炭火でじっくり丁寧に焼き上げます。

山ぶどうソフト ¥250(税込)

山ぶどうソフト ¥250(税込)

山ぶどうソフトはここが元祖だとか。

九戸村自慢の甘茶製品!

あま茶リーフ ¥550(税込)

あま茶リーフ ¥550(税込)

寒暖差の激しい気候で育まれた最高級の茶葉。(30g)

甘茶 ドレッシング ¥760(税込)

甘茶 ドレッシング ¥760(税込)

ミニトマトなどの県北の特産品を甘茶と組み合わせたドレッシング。(各180ml)

甘茶でかっぽれ ミニ ¥473(税込)

甘茶でかっぽれ ミニ ¥473(税込)

低カロリーの甘茶で作った餡をパイ生地で包んだ九戸銘菓。(6コ入)

4122

道の駅 おりつめ

住所
岩手県九戸郡九戸村大字山屋2-28-1

電話
0195-42-4400

定休日
1月1日

営業時間
産直施設オドデ館/8:00〜19:00
レストラン/ 11:00〜15:00 ※15:00〜17:00は要予約

この記事を読んでいる人は他にこんな記事も読んでいます。

兵庫県 道の駅 あわじ
明石海峡大橋の眺め、淡路島の旨みも堪能!

明石海峡を横断する、世界最長の吊り橋「明石海峡大橋」。その淡路島側のまさに足元にあるのが「道の駅 あわじ」です。見上げる先には、明石海峡大橋のダイナミックな眺め。その壮大さを十分に実感できます。 そして、道の駅内に入れば淡路島名物のたこなど……続きを読む

山形県 道の駅 あさひまち
名物はりんご、豚肉、ダチョウ?!

昨年10月、山形県内に8年ぶり、18番目の新しい道の駅が誕生しました「道の駅 あさひまち」。愛称は「りんごの森」です。木材を活かした温かみのある店内、高級感のあるトイレなど、居心地のよい駅舎です。また、上空から見ると建物は名物のりんごの形に……続きを読む

和紙と道の駅
和紙に包まれる冬

昨年、ユネスコの文化遺産に登録された「和紙 日本の手漉(てすき)和紙技術」。日本各地で今なお伝えられる和紙、伝統の職人技に、ふと立ち寄った町で触れることが出来るとしたらどうでしょう。しかも、自分で和紙を作れるとしたら。
今回は、和紙と、その和紙の文化にどっぷりと浸れる「道の駅」をご紹介します。