三条大橋
loading

クロースアップ道の駅

栃木県 道の駅 ましこ

いわば益子町のショールーム! ものづくりのこだわりが生きる道の駅

sutahhu

神田支配人(写真左端)&スタッフのみなさん

200個近くの作家のカップが並ぶ「ましこの作家棚」昨年10月にオープンしたばかり、栃木県24番目の道の駅、道の駅「ましこ」。
益子焼の産地である益子町は、町の人々のものづくりに対する理解や、比較的歴史の新しい益子焼に通じる自由な気風に惹かれて、様々なジャンルの作家など、移住者も多い町でもあります。

200個近くの作家のカップが並ぶ「ましこの作家棚」

道の駅には200人近くの益子焼作家の作った個性豊かなカップが並ぶ通称「ましこの作家棚」があり、他にも、織物や竹細工など様々なジャンルの作品が展示販売される店内。いわば益子町の作家のショールームです。
店内の随所にも、町の人のこだわりが現れています。
建物の土壁は、益子焼で使われる地元の土を使用。
店内の棚や什器も地元の工務店や作家が作ったオリジナルゴミ箱だって作家の作品です。

こだわりは食べ物にも。地元素材をふんだんに使った人気の加工品。
レストランで食べたものは直売スペースでも購入できるという、まさに益子町の生産から消費までが直結している道の駅。
「訪れた人が益子らしさを知るきっかけに。
そしてそれを体感してもらって、もっと益子を好きになってほしいですね。」と話す神田支配人も実は、益子町に惹かれて移住してきた中のお一人です。

 

クリエイティブが詰まった道の駅

織物や竹細工

織物や竹細工

益子焼以外の作家の作品も豊富。

ましこプレミアムドレッシング 各1本 540円

ましこプレミアムドレッシング 各1本 540円

益子町の野菜などを使ったオリジナルドレッシング。20種類近くあります。

ましこのごはん(定食)

ましこのごはん(定食)

2種類あり、内容もお値段も日替わりの「雨巻」(写真)は1日30食限定です。

道の駅の人気商品!

酢漬け/ 野菜ピクルス 1本¥648

酢漬け/ 野菜ピクルス 1本¥648

季節の野菜を酢漬けにした、オリジナルのピクルス。

とろたまプリン 1個¥324

とろたまプリン 1個¥324

益子町産の地鶏卵をプリン1つに1個使用した贅沢なプリン。(土日限定)

濱田窯 フリーカップ など

濱田窯 フリーカップ など

陶芸家濱田庄司が開いた工房の職人が作る、風合いのいい器。

4139

道の駅 ましこ

住所
栃木県芳賀郡益子町大字長堤2271番地

電話
0285-72-5530

定休日
毎月第2火曜日

営業時間
9:00〜18:00
【レストラン「ましこのごはん」】
テイクアウト 9:00〜18:00
イートイン 11:00〜18:00(L.O 17:00)

この記事を読んでいる人は他にこんな記事も読んでいます。

道の駅 笠岡ベイファーム
広大な干拓地に建つ 「花」と「魚」の道の駅

笠岡湾干拓地に建つ道の駅「笠岡ベイファーム」。 四季の花々に囲まれた、岡山県で一番新しい道の駅です。 春は菜の花、初夏にポピー、夏はひまわり、秋はコスモス。 道の駅の目の前で見渡す限り、季節の花が咲き誇ります。 花畑の中には遊歩道もあるので……続きを読む

和紙と道の駅
和紙に包まれる冬

昨年、ユネスコの文化遺産に登録された「和紙 日本の手漉(てすき)和紙技術」。日本各地で今なお伝えられる和紙、伝統の職人技に、ふと立ち寄った町で触れることが出来るとしたらどうでしょう。しかも、自分で和紙を作れるとしたら。
今回は、和紙と、その和紙の文化にどっぷりと浸れる「道の駅」をご紹介します。

目指せ!ステキ道ガール★ ~第3回~ 現実逃避の巻

現在編集室は、夏号の発行に向けてんやわんやです。 取材先とのやりとりはもちろん、原稿やデータに不備がないか、なんだか常にそわそわ・・・。 どうにも落ち着かないので、とりあえず現実逃避してみようと思います! 4月の関東出張にでも思いを馳せてみ……続きを読む