三条大橋
loading

クロースアップ道の駅

岩手県 道の駅 紫波

県内一のぶどうの生産地!町が誇るワイナリーがここに!

dsc_7700

紫波町の東部は県内有数の果樹の生産地帯。
フルーツの里と呼ばれ、中でもぶどうは県内一の生産量を誇ります。

ここ道の駅「紫波」と町唯一のワイナリーを合わせ「フルーツパーク」を形成。
ワイナリー限定のワインが買えるほか、製造工程の見学や試飲も楽しめます。

 

 

ワイナリーの奥には圧巻のぶどう畑。広さ1.5ヘクタール!

ワイナリーの奥には圧巻のぶどう畑。その広さなんと1.5ヘクタール!

道の駅周辺の土壌が、白ワイン用の品種「リースリング・リオン」の生育に適しているとわかったのが11年ほど前。
これがワイナリー立ち上げのきっかけとなりました。

ワイナリーの奥には広大な畑が広がり、10種類以上のワイン専用のぶどうを生産しています。
まさに「自園自醸」のワインです。

昨年のワインの出荷量は8万本。今年はなんと12万本!
今年は特にぶどうの出来がいいそうです。

 

 

 

産直センターにはジュースがずらり。

産直センターにはジュースがずらり。

ワインが飲めない方やドライバーさんにはジュースもあるのでご安心を。
町内の生産者が作ったさまざまな品種のぶどうを道の駅内で加工しています。

売店やレストランには他にも紫波町産のオリジナル商品が目白押し。
地元食材の安定供給を大切にしながら積極的な商品開発を行っています。

 

 

 

毎年9月23日には『紫波フルーツの里まつり』を開催。
旬のフルーツで、紫波町の魅力を存分に味わってみては。

dsc_7655

まさにぶどう王国!

製造工程の見学

製造工程の見学

できあがったワインがどんどん瓶詰めされていきます。

お楽しみの試飲コーナー

お楽しみの試飲コーナー

試飲コーナーは品揃えも充実。わくわくです!

紫波もちもち牛ハンバーグ定食 ¥930(税込)

紫波もちもち牛ハンバーグ定食 ¥930(税込)

ソースにぶどうが使われています。

道の駅 紫波のぶどう関連商品!

自園自醸 ワイン紫波 プレミアム シリーズ 各¥1,944(税込)

自園自醸 ワイン紫波 プレミアム シリーズ 各¥1,944(税込)

道の駅の顔。自慢のシリーズ。某俳優さんのお墨付きだとか。

ぶどうジュース 各種 ¥840(税込)〜

ぶどうジュース 各種 ¥840(税込)〜

生産者ごとに品種等が異なる。まさに個性が光る1本。

フルーツたっぷり しあわせソース 115㎖ ¥410(税込) 300㎖ ¥735(税込)

フルーツたっぷり しあわせソース 115㎖ ¥410(税込) 300㎖ ¥735(税込)

紫波町産のラ・フランス、りんご、ぶどうを使った甘口のソース。

3087

道の駅 紫波

住所
岩手県紫波郡紫波町遠山字松原7-8

電話
019-671-1300(レストラン果里ん亭)

定休日
12月31日〜1月3日

営業時間
【産直センターあかさわ】
8:00〜18:00
※冬期 8:30〜17:30
【売店】
9:00〜18:00
【ファーストフード】
9:00〜17:30
【レストラン果里ん亭】
11:00〜17:30(L.O 17:00)

この記事を読んでいる人は他にこんな記事も読んでいます。

福島県 道の駅 ふくしま東和
人も野菜も元気! オリジナルの味が自慢

昨年10周年を迎えた「道の駅 ふくしま東和」。地元の農家や地域と協力し、精力的に独自商品の開発に取り組んでいます。 元々は地元の人の加工の場としてスタート。これが他にはない強みだと駅長代理の大槻さんは胸を張ります。1つの商品開発にかける期間……続きを読む

和紙と道の駅
和紙に包まれる冬

昨年、ユネスコの文化遺産に登録された「和紙 日本の手漉(てすき)和紙技術」。日本各地で今なお伝えられる和紙、伝統の職人技に、ふと立ち寄った町で触れることが出来るとしたらどうでしょう。しかも、自分で和紙を作れるとしたら。
今回は、和紙と、その和紙の文化にどっぷりと浸れる「道の駅」をご紹介します。

岩手県 道の駅 三田貝分校
台風の被害にも負けない! 復興目指して奮闘中!!

8月30日、猛威を振るった台風10号。特に甚大な被害を受けた岩手県の岩泉町には「いわいずみ」と「三田貝分校」の2つの道の駅があります。「いわいずみ」には1.5mほどの高さまで濁流が押し寄せ、また「三田貝分校」は停電と断水に。さらにこの両者を……続きを読む