三条大橋
loading

クロースアップ道の駅

宮城県 道の駅 村田

農産品がつなぐ笑顔 町と生産者を元気に!

 

村田町の観光PRキャラクター「くらりん」とスタッフのみなさん

村田町の観光PRキャラクター「くらりん」とスタッフのみなさん

 

江戸時代は紅花の集積地として栄えた村田町は現在、全国でも有数のそら豆の生産地。旬を迎える初夏には行列ができるほどですが、シーズン外も加工品を求める多くの人で賑わいます。駅内はそら豆の緑色がいっぱいで、思わずそら豆の駅と言いたくなるほど。麺類や菓子類などその種類は多岐にわたります。
また、夏はフルーツコーンとも呼ばれるほど糖度の高いとうもろこし「味来」も大人気。1シーズンの出荷量はなんと25万本にも上ります。
今では大盛況の自慢の産直も、道の駅オープン当初は農家が集まらず、軌道に乗るまで大変だったそう。道の駅オリジナルの「イベント&農産品カレンダー」を作成し、集客を呼びかけ続けて10年以上。今では旬の新鮮野菜や加工品を求め、年間約25万人もの人が足を運びます。
生産者の平均年齢は約68歳。80歳以上の方もいて、毎日やりがいを感じられると喜びの声も多いそう。中には開店前から野菜を持って待つ人もいるのだとか。
「皆さんに喜んでいただけてうれしい。これからも新鮮で安全なものを提供していきたい。」と村上事務局長。
生でも食べられる味来のシーズンは9月頃まで。急げば間に合うかも!

そら豆

そら豆

とうもろこし「味来」

とうもろこし「味来」

新鮮食材と笑顔がいっぱいです♪

新鮮野菜が並ぶ直売所

新鮮野菜が並ぶ直売所

初夏はそら豆、夏はとうもろこし「味来」。江戸時代、村田の商いを支えた紅花も。

村田町オリジナルのそら豆加工品

村田町オリジナルのそら豆加工品

そらまめのうどん、アイス、大福などなど。

レストラン 城山

レストラン 城山

ほんのり甘みのある麺、そら豆うどん。

そら豆商品の他にもたくさんの銘品

グリーンパール納豆さっぽろ 2食入 ¥162

グリーンパール納豆さっぽろ 2食入 ¥162

美容効果が高いとされる真珠の粉とミネラルが豊富なクロレラを加えた納豆。

桜中の味噌(桜)750g ¥600

桜中の味噌(桜)750g ¥600

大粒大豆ミヤギシロメと宮城県産米の麹を使い、じっくり熟成させた味わい深い味噌。

布袋ミニこけし 1体 ¥648

布袋ミニこけし 1体 ¥648

村田に古くから伝わる頭の長い布袋様の伝統こけし。

3009

道の駅 村田

住所
宮城県柴田郡村田町大字村田字北塩内41

電話
0224-83-5505

定休日
年末年始
レストラン/毎月第2月曜日 ※祝日の場合翌日

営業時間
物産直売所/9:00〜17:00
レストラン/11:00〜17:00(L.O 16:30)

この記事を読んでいる人は他にこんな記事も読んでいます。

茨城県 道の駅 ごか
何度でも行きたくなっちゃう まるで食のテーマパーク?!

茨城県の西の外れ、埼玉・栃木・千葉県の県境付近にある道の駅「ごか」。 道の駅のオープン時は名物という名物が無く、当初から積極的に開発を進め、これまで数々のオリジナル商品を作ってきました。現在道の駅内は所狭しと商品が並び、レストランや売店も個……続きを読む

目指せ!ステキ道ガール★ ~第6回~

さぁ!やってまいりました! 新年一発目の道の駅ブログです。 本年もどうぞよろしくお願い致します♪ 今年は暖かいお正月だなぁと思っていたら、先日ついにドカッと降った福島市内。 数日後に北関東方面への出張を控えていましたが、南に向かうし、大丈夫……続きを読む

青森県 道の駅 ろくのへ
なんと総勢70名!生産者が集う道の駅

扉を開けるとそこにはぎっしり並んだ商品の数々。 決して広くないスペースですが、どこから見たらいいのか思わず迷ってしまいます。 もともと特産品研究開発施設だった場所に産直が加わって「道の駅 ろくのへ」は誕生しました。 最初に集まった生産者は2……続きを読む