三条大橋
loading

味くらぶ

愛知県道の駅 瀬戸しなの

市民の間で親しまれてきた 一味違う、名物焼きそば

瀬戸焼きそば(並)

460

0

昭和30年代、瀬戸市内の深川神社参道を中心に始まったと伝えられる「瀬戸焼きそば」。独特の食感のある蒸し麺を用い、具材は豚肉とキャベツが主体のシンプルなもの。味付けはソースではなく、豚の煮汁や醤油ベースのたれを使用しているのが特徴です。器も名物の、せともの(瀬戸焼)で。地元で永く愛されてきた、ソースとは一味違う焼きそばを、ぜひ道の駅でご賞味ください。

※価格は税込価格です。

この記事を読んでいる人は他にこんなメニューも見ています。

ダム湖カレー

ダム湖畔にある道の駅「七ヶ宿」の名物カレー。今や道の駅の定番人気メニューです。 ダムの堤体を表したご飯の型は、3Dプリンターで精巧に作り、七ヶ宿ダム名物の噴水を小旗で表すというこだわりよう。カレーはほんの少し辛めの味付け。それが素揚げした野……続きを読む

ジェラート(あぶらえ)

「あぶらえ」とは「えごま」のことで、飛騨地方では古くから親しまれている食材です。地元の飛騨牛乳を使ったジェラートに練り込まれているのが、たっぷりのすったえごま。煎ってあるので香ばしく、牛乳そのままのようなあっさりした味わいのジェラートが、そ……続きを読む

雨竜米揚

雨竜町の特別栽培米「雨竜米」を粒のままスケソウダラのすり身に練り込んだかまぼこ。注文を受けてから揚げてくれるので、表面はカリッと香ばしく、すり身はプリプリ、そこに米のもちっと感が時々顔を出します。その3種の食感の違いがなんともユニーク。口の……続きを読む