三条大橋
loading

味くらぶ

岐阜県道の駅 古今伝授の里やまと

郡上の味噌と醤油が決め手 道の駅が誇る郷土の味

郡上大和の鶏ちゃん定食

1280

0

「鶏ちゃん」とは、南飛騨や奥美濃地方の郷土料理で、たれに漬け込んだ鶏肉をキャベツなどと一緒に焼いて味わいます。道の駅オリジナルの鶏ちゃんは、郡上の味噌と醤油を使ったたれが自慢。鶏肉のプリプリ食感が心地よく、キャベツの甘みとたれの風味も好対照です。熱々の陶板の上でたれが香ばしく焦げる香りもまた、箸を進めさせます。売店でも購入可能。お土産にもどうぞ。

※価格は税込価格です。

この記事を読んでいる人は他にこんなメニューも見ています。

くりから蕎麦(ザル)

源平の戦「火牛の計」の舞台となった倶利伽羅峠。その倶利伽羅峠のある砺波山(倶利伽羅山)の山ごぼうの葉を使ったそばがあります。つゆにつけてそばをすすると、強いコシと爽快なのど越しを楽しめます。そして、山ごぼうの葉を練りこんでいるから、他のそば……続きを読む

うに丼

うに丼が一年中味わえる道の駅「あぷた」ですが、北海道産のうにが載った夏(特に7・8月)が特におすすめです。箱にぎっしり詰まったうにを、豪快に全部載せて味わうも良し、ひと口分ずつご飯に載せて丁寧に味わうも良し。観光で訪れたお客さんが「こんな味……続きを読む

もつけの汁

津軽地方の郷土料理「けの汁」に豚もつを加えたメニュー。けの汁はたっぷりの野菜や山菜などを細かく刻み、味噌などで煮込んだ汁物で、寒い季節にぴったりです。いなかだての懐かしい味わいは、昔ながらの作り方によるもの。野菜の甘みや山菜の風味が存分に溶……続きを読む