三条大橋
loading

味くらぶ

福島県道の駅 裏磐梯

裏磐梯の名物!毎朝、職人が打つ「技」のそば

手打ち天ざるそば

1200

0

秋は紅葉で彩られる裏磐梯、北塩原村。蕎麦の名産地でもあり、道の駅裏磐梯では、地元産のそば粉を使ったおそばが名物の一つです。毎朝、熟練の職人が打ったそばは香り高く、のど越しも良好。裏磐梯の清らかな水や空気が育んだからか、瑞々しい風味です。これに海老、季節の野菜を中心とした揚げたての天ぷらが付いた天ざるそば。「あと一品」と言いたくなる秋の食欲も満たされるはず。

※価格は税込価格です。

この記事を読んでいる人は他にこんなメニューも見ています。

かつサンドセット

オーダーを受けてから作るこのかつサンド。地元のヒレ肉を使用し、切り方や揚げ方にまでこだわった自慢の逸品です。軽くトーストしたパンに、揚げ立てサクサクのかつとたっぷりの千切りキャベツをサンド。数種類をブレンドした秘伝の特製ソースは、マヨネーズ……続きを読む

しょっつるソフト

「しょっつる」とは秋田県の県魚「ハタハタ」を原料とした魚醤。キャラメルベースにしょっつるのパウダーを練り込んだソフトクリームは、道の駅おが限定の味です。しょうゆの味わいがキャラメルとよく合い、どこかみたらしだんごのよう。バニラのコクに塩気が……続きを読む

朴葉寿司定食

かつて畑仕事や山仕事のお弁当として食べられていた朴葉寿司。6月頃になると、朴の木の新葉でつくられるようになります。酢飯に鮭、きゃらぶき、ツナ、紅生姜などをのせ、朴葉で包みます。濃いめの味付けのきゃらぶきや鮭の塩味が、酢飯の甘み、酸味とよく合……続きを読む