三条大橋
loading

味くらぶ

新潟県道の駅 良寛の里わしま

香ばしいしょうが味噌が◎ ついつい手が出る、もう一個!

けんさ焼

150

0

この地方に伝わる郷土料理で、しょうが味噌を塗った焼きおにぎり。上杉謙信が剣の先に刺して焼いたことからその名がついたとか。しょうがや砂糖などを練り合わせて作る味噌は、道の駅のオリジナル。ご飯+味噌と非常にシンプルですが、頬張ればびっくり。和島産のコシヒカリの味わいに思わず頬が緩みます。絶妙な固さで炊き上げられ、中はふっくら。名物のだんご汁とのセットも人気です。

※価格は税込価格です。

この記事を読んでいる人は他にこんなメニューも見ています。

妙高雪えびの天ぷら

頭からかじりつく、パリパリでサクサクのエビの天ぷら。身は肉厚で、プリッと弾けるような食感がたまりません。このエビ、実は妙高山の雪解け水と海洋深層水で育った「妙高雪えび」。日本初の屋内型養殖施設で育てられたエビです。海で育ったエビよりも雑味の……続きを読む

天ざるうどん(モロヘイヤ)

大郷町の特産「モロヘイヤ」は、栄養価が高く「野菜の王様」とも呼ばれています。そのモロヘイヤを練りこんだうどん。細めの麺は、モロヘイヤの粘りのおかげで普通の麺以上にツルツルッと口に吸い込まれていきます。喉越しもとてもよく、強いコシも魅力です。……続きを読む

行者ニンニク入り餃子

「行者ニンニク」とは、滋養がつき過ぎて修行にならないため、修験道の「行者」が食べることを禁じられたとも云われるほど栄養豊富な山菜。それを入れたのがこの餃子。確かに香るニンニクのような香り。これがパワーの源です。キャベツを少なくしているので、……続きを読む