三条大橋
loading

味くらぶ

岩手県道の駅 おりつめ

禁止されてもなお食べたい農民が生んだそば料理

柳ばっとう

600

0

「柳ばっとう」とは岩手県北部の伝統食で、そば粉を練り、厚めのかまぼこ状に切ったもの。そばを食べることを禁じられた農民が、柳の葉の形にしてこっそり食べたのが由来だとか。しょうゆ味の優しいつゆの中には、野菜や手作りの凍み豆腐がたっぷり。その中でも存在感を放つ柳ばっとうは、ねっとりとしたそばがきのような食感で、ほのかなそばの香り。昔ながらの味を伝える、懐かしい一杯です。

※価格は税込価格です。

この記事を読んでいる人は他にこんなメニューも見ています。

たこ姿焼

まず圧倒されるのは、その見た目。もう、「たこ」そのものがそこにあります。注文を受けるとスタッフが、ジャガイモのでんぷんを絡めたたこを鉄板に豪快に載せ、ジューッとプレス。しばらくすれば、姿焼の完成です。切り分けてもらった姿焼きは、ふわっとした……続きを読む

きのこ汁もりうどん

農産物直売所としてスタートした道の駅。新鮮野菜などが豊富に並びます。 毎日店頭で手打ちする自慢のうどんは、なんと縮れ麺。この縮れがつけ汁とよく絡む秘訣。もちもちとした食感が癖になりそうです。つけ汁には深谷産のしいたけやしめじがゴロゴロ、食べ……続きを読む

みわ屋膳

山の幸を豊富に活かしたバラエティ豊かな季節料理が自慢の「峠の茶寮 みわ屋」。お店の名前をつけた「みわ屋膳」はもちろん、お店イチオシのお膳です。ひつまぶし、揚げ物、うどん、小鉢…。素材からこだわった料理が並びます。中でも厳選したひつまぶしの国……続きを読む