三条大橋
loading

味くらぶ

福島県道の駅 からむし織の里しょうわ

うるち米で意外にあっさり  山の神様の大好物?

ばんでい餅

200

0

かつては山仕事に入る前に山の神様に供えられたというこの「ばんでい餅」。木の切株の「盤台(ばんだい)」を臼の代わりに使ったことからこの名前が付いたといわれています。もち米ではなく、うるち米を使っているため、お腹にもたれにくく、意外にあっさり。そのあっさりした味わいが、じゅうねん(えごま)味噌のコクと香ばしさを引き立てます。空いた小腹にもちょうどいいサイズです。

※価格は税込価格です。

この記事を読んでいる人は他にこんなメニューも見ています。

ジャージーソフトクリーム

夏の暑さを避けて訪れた蒜山高原。涼しい風に吹かれながら味わいたいものといえば、ソフトクリームは外せないのでは?地元蒜山高原のジャージー牛乳を使っているだけあって、口の中に広がる風味は濃厚。でも、その後味はすっきりしていて、甘ったるさは全然あ……続きを読む

唐辛子コロッケ

唐辛子の産地としても有名な大田原市。道の駅「那須与一の郷」では、優良品種ブランドの唐辛子「栃木三鷹」を使ったちょっとユニークなメニューを味わえます。一見普通のコロッケですが、割ってみると、唐辛子を練り込んだなめらかな赤いタネが顔を出します。……続きを読む

温泉ぶためし(中)

昼時には食券機の前に列をなす、市内の人気ラーメン店「麺処 若武者」の姉妹店。自慢はやはり麺類ですが、密かに評判なのが丼です。麦飯が見えないほどたっぷり載ったえごま豚は、少し歯ごたえもある程よい固さ。桑の実やりんご、はちみつなどを使った甘辛い……続きを読む