三条大橋
loading

味くらぶ

栃木県道の駅 どまんなか たぬま

悪い耳を食べて厄除け!不思議な食感がやみつきに

佐野名物 耳うどん

950

0

佐野市郷土料理「耳うどん」。その名の通り、耳の形のようなうどんです。これは悪い神の耳に見立てたもので、食べてしまうことにより魔除けや厄祓いの意味があるとか。生地はもちっとしてすいとんのようですが、不規則な食感がなんともユニーク。ひだや隙間につゆが絡むのもこの形状だからこそ。はなみずきでは昔ながらの味を提供。おいしく食べて一年間平穏無事に過ごしましょう。

※価格は税込価格です。

この記事を読んでいる人は他にこんなメニューも見ています。

鳴子温泉卵付きローストビーフ丼

地元の食材を取り入れたメニューを提供するコミュニティカフェ。ローストビーフ丼は中でも人気のメニューです。ローストビーフは厚みがあり柔らかく、噛むたびに牛肉の旨みが広がります。いちばんの鍵は鳴子温泉で作る温泉たまご。黄身の味が濃厚なので、絡め……続きを読む

雪ん子そば

そばつゆの中に入っているのは、古代米から作る手作り餅を揚げたもの。噛むとプチプチとした食感が心地よい一品です。かつおだしがきいたつゆも関の里オリジナル。そばもこのつゆにつけてどうぞ。地元のそば粉「那須の秋そば」を使った手打ちの香り高いそばの……続きを読む

能登豚のすた丼

「西能登おもてなし丼」とは志賀町が認定した、徹底的な地元食材の使用と、志賀町在住の人の考案・調理にこだわった丼。道の駅のすた丼は、志賀町産の能登豚をたまねぎと一緒に甘辛く味付け、しょうがの風味をきかせました。半熟卵とマヨネーズでコクとまろや……続きを読む