三条大橋
loading

味くらぶ

栃木県道の駅 どまんなか たぬま

悪い耳を食べて厄除け!不思議な食感がやみつきに

佐野名物 耳うどん

950

1

佐野市郷土料理「耳うどん」。その名の通り、耳の形のようなうどんです。これは悪い神の耳に見立てたもので、食べてしまうことにより魔除けや厄祓いの意味があるとか。生地はもちっとしてすいとんのようですが、不規則な食感がなんともユニーク。ひだや隙間につゆが絡むのもこの形状だからこそ。はなみずきでは昔ながらの味を提供。おいしく食べて一年間平穏無事に過ごしましょう。

※価格は税込価格です。

この記事を読んでいる人は他にこんなメニューも見ています。

おむすび(ねぎみそ)

その名の通り、バリエーション豊かなおむすびが100円から揃うおむすび専門店です。お米は国産のコシヒカリ。冷めても美味しいこのお米を、瀬戸のほん塩で握ります。そして、国産の海苔をしっとり直巻きタイプで。具のイチオシは「ねぎみそ」。ピリ辛で甘く……続きを読む

まめぶるこ

小麦粉の生地でくるみと黒砂糖を包んだだんご「まめぶ」。しょうゆ味のつゆで食べる方法が一般的ですが、道の駅ではおしることコラボしたデザートメニューを楽しめます。まめぶはもちよりも軽くもっちりとした食感で、塩気がきいた甘さ控えめの小豆汁がまめぶ……続きを読む

しいたけうどんつるるん(かきあげ)

一見温かいひやむぎのようですが、麺をよく見ると、茶色いつぶつぶが。琴丘特産のしいたけを粉末にして練り込んだ麺は、程よいコシがあり、喉越しはまさにつるるん。噛めばしいたけの風味が鼻を抜けていきます。かつおだしがきいた醤油ベースのつゆはあっさり……続きを読む