三条大橋
loading

味くらぶ

岡山県道の駅 メルヘンの里 新庄

意表を突く「丼」 道の駅の名物メニュー

牛もち丼

650

2

丼ご飯が来るかと思えば、来たのは肉うどん?いや、入っているのはお餅でした。甘辛く味付けられた、たっぷりの牛丼の具。あっさりめのつゆの中には新庄村の特産の餅米「ヒメノモチ」を使った「ひめのもち」が3個。昼夜の寒暖差が激しい新庄村で育った餅米のお餅は粘りとコシが強く、甘みがあります。ここに来たら必食の一品。腹持ちもいいので、これ一杯でも十分にお腹は満足です。

※価格は税込価格です。

この記事を読んでいる人は他にこんなメニューも見ています。

まめぶるこ

小麦粉の生地でくるみと黒砂糖を包んだだんご「まめぶ」。しょうゆ味のつゆで食べる方法が一般的ですが、道の駅ではおしることコラボしたデザートメニューを楽しめます。まめぶはもちよりも軽くもっちりとした食感で、塩気がきいた甘さ控えめの小豆汁がまめぶ……続きを読む

中島菜うどん

「中島菜」とは、アブラナ科の一種で、能登地方伝統の野菜。「塩漬けにしても花を咲かせる」というほどの生命力のある野菜で、栄養価が高いのもうなずけます。 その中島菜を練りこんだうどんは淡い緑色。クセもなく、もっちりした麺です。のどごしも良く、か……続きを読む

熔岩流みそカツ丼

八幡平の名勝「焼走り熔岩流」のゴツゴツした岩原をイメージしたみそカツ丼。使用する「杜仲茶ポーク」は、杜仲茶で育てた臭みのない柔らかいお肉です。 ゴマ入り衣はゴツゴツどころか、香ばしくサクサク。その中から杜仲茶ポークが顔を出せば、ジューシーな……続きを読む