三条大橋
loading

味くらぶ

岡山県道の駅 メルヘンの里 新庄

意表を突く「丼」 道の駅の名物メニュー

牛もち丼

650

7

丼ご飯が来るかと思えば、来たのは肉うどん?いや、入っているのはお餅でした。甘辛く味付けられた、たっぷりの牛丼の具。あっさりめのつゆの中には新庄村の特産の餅米「ヒメノモチ」を使った「ひめのもち」が3個。昼夜の寒暖差が激しい新庄村で育った餅米のお餅は粘りとコシが強く、甘みがあります。ここに来たら必食の一品。腹持ちもいいので、これ一杯でも十分にお腹は満足です。

※価格は税込価格です。

この記事を読んでいる人は他にこんなメニューも見ています。

なまず天重

海のない埼玉県でも、おいしい魚が味わえる道の駅があります。きたかわべ」周辺では、ナマズの養殖が盛んです。カラッと揚がったナマズは、身が厚く、食感はふわふわ。川魚特有の臭みはありません。甘めの濃いタレともぴったりで、ごはんが進むこと間違いなし……続きを読む

氷見牛メンチカツ

注文を受けてから揚げるメンチカツ。熱々サクサクのメンチカツに歯を立てれば、ジュワーっと染み出す牛肉の旨み。氷見の中山間地の緑豊かな環境の中で、一頭一頭愛情をもって育てられる「氷見牛」使用ですから当然です。肉質の良さでも注目されているブランド……続きを読む

くりから蕎麦(ザル)

源平の戦「火牛の計」の舞台となった倶利伽羅峠。その倶利伽羅峠のある砺波山(倶利伽羅山)の山ごぼうの葉を使ったそばがあります。つゆにつけてそばをすすると、強いコシと爽快なのど越しを楽しめます。そして、山ごぼうの葉を練りこんでいるから、他のそば……続きを読む