三条大橋
loading

味くらぶ

広島県道の駅 みはら神明の里

かつての水軍に思いを馳せ 味わう今の みはら神明鶏

神明鶏水軍焼定食

900

6

「水軍焼」とは、三原城に縁のある小早川水軍をイメージした、三原市の新しい名物料理で、「浜辺の石で焼いた料理」がコンセプト。この定食には、地元のブランド鶏「みはら神明鶏」を使った水軍焼が2種類。いりこ味噌で焼いたコクのある一本と、塩レモンをかけ、さっぱりした味わいの海藻風味焼きが一本。瀬戸内海を眺めながら、みはら神明鶏の旨みと、歴史のロマンも味わいましょう。(数量限定)

※価格は税込価格です。

この記事を読んでいる人は他にこんなメニューも見ています。

ゆめポークロースカツ定食

西方五千石とも呼ばれる米どころ。ごはんが進むおすすめメニューをご紹介します。 指定農場が指定飼料で生産する「とちぎゆめポーク」。うま味成分のオレイン酸が多く、肉の甘みが強いのが特長です。疲労回復に効果があると言われるビタミンB1は、なんと牛……続きを読む

だいちゃんのやきとり(1本)

一際大きな花時計からの甘い香り…ではなく、香ばしい香りに誘われ辿り着くのは道の駅内の「やきとりだいちゃん」。肉に酒を吹きかけながら焼くことで旨味を閉じ込めた鶏肉は、ふっくらジューシー。さらに、特産である深谷ネギの甘味を生かした濃厚なタレが、……続きを読む

金華サバ漬け丼

黒潮と親潮が混ざり合う最良の漁場、金華山沖で獲れる大型の真サバ「金華サバ」。この丼は、醤油をベースにした特製タレに漬けた金華サバをたっぷり、ご飯が見えなくなるくらい載せた贅沢な一杯。甘みがあって脂がのった金華サバに、かけられたゴマと大葉の香……続きを読む