三条大橋
loading

味くらぶ

岡山県道の駅 鯉が窪

和牛のルーツ「千屋牛」を 手頃に味わうという「贅沢」

千屋牛陶板焼き

1500

4

「千屋牛」とは、全国の和牛ブランドのルーツともいわれる、新見市特産の黒毛和牛です。 その千屋牛を陶板で焼く、レストラン人気のメニュー。焼き上がりを地元の定番、金山の焼肉のタレにつけて食べれば、噛むほどに溢れる肉汁と、にんにくが効いたタレが溶け合って、すぐにご飯をかきこみたくなることでしょう。 この価格で味わえる牛肉とは思えない満足感。千屋牛の入門編としては贅沢過ぎるかも。

※価格は税込価格です。

この記事を読んでいる人は他にこんなメニューも見ています。

ほっきコロッケ

相馬の名物ホッキ貝。「ホッキ飯」は郷土料理として昔から親しまれてきました。 でも、道の駅で人気のホッキ貝メニューは、なんとコロッケ。サクッと揚がったコロッケの中には熱々ホクホクのジャガイモ。甘みのあるその中に、プリッとした食感の、カットされ……続きを読む

スチューベン餃子

スチューベンぶどうの生産量が日本一の鶴田町。ここでの人気メニューは、その鶴田産スチューベンの原液を皮に練り込んだ黒豚餃子です。皮の鮮やかな紫色が印象的。餃子を口に入れると、皮はパリパリ!中の肉汁がじゅわっと広がります。野菜多めのあっさり味。……続きを読む

メンチカツ丼

野馬追の里 南相馬。「食事処 さくら亭」では、桜肉ではなく牛・豚・鶏、3種の肉を使ったメンチカツの丼がおすすめです。 南相馬の名物となっている今野畜産のメンチカツ。肉3種の秘伝の配合が絶妙で、噛みしめるたびに肉の旨味がどんどん染み出してきま……続きを読む