三条大橋
loading

味くらぶ

宮城県道の駅 上品の郷

ご飯がどんどん進む 脂ののった「金華サバ」

金華サバ漬け丼

1,010

15

黒潮と親潮が混ざり合う最良の漁場、金華山沖で獲れる大型の真サバ「金華サバ」。この丼は、醤油をベースにした特製タレに漬けた金華サバをたっぷり、ご飯が見えなくなるくらい載せた贅沢な一杯。甘みがあって脂がのった金華サバに、かけられたゴマと大葉の香りがさらに食欲をそそります。金華サバ、ご飯、金華サバ、ご飯…と食べ進めたら、そう簡単には箸を止められません。

※価格は税込価格です。

この記事を読んでいる人は他にこんなメニューも見ています。

但馬牛の焼肉丼

日本のあらゆるブランド牛のもととなった「但馬牛」。その上質な但馬牛の味をシンプルに味わえる焼肉を、ご飯の上に載っければ、これまた贅沢な焼肉丼のできあがり。但馬牛らしく質の良い脂は、旨みをたっぷり包みながらもキレのいい後味。甘辛い特製味噌だれ……続きを読む

貝焼き味噌セット

津軽の中央に位置する道の駅。「食彩館 野のこ」では、バラエティー豊かな青森の郷土料理を楽しむことができます。 特産である地元のホタテの貝殻を鍋代わりにして、貝柱を味噌で煮込み、卵とじに。卵は地元の牧場の有精卵を使用。貝殻から出るダシも相まっ……続きを読む

自然薯料理「山里」

宍粟市の名産は「自然薯」。一般的な山芋に比べて栄養価が高く、粘りも強いのが特徴。この定食では、地元のお米と宍粟産の紫黒米、大麦、もちきび、もちあわ、いりごま、アマランサスを一緒に炊き上げた「六穀釜めし」に自然薯とろろをかけて食べます。さらに……続きを読む