三条大橋
loading

味くらぶ

兵庫県道の駅 山田錦発祥のまち・多可

百日かけ、丁寧に育てられた地鶏の旨みをたっぷりと

百日どりのおむすび

150

7

このおむすびに使われている「播州百日どり」は、自然豊かな多可町加美区で、肉の旨みを存分に引き出すため、通常の倍の100日という時間をかけ、丁寧に育てられます。そのコクのある濃厚な旨みは、かやくごはんとしてしっかりとおむすび全体に行き渡り、多可町産米「きぬむすめ」の甘みとの絶妙なバランス。口の中で優しくほどける食感も絶品です。多可町の自然が生んだ、贅沢なおむすびです。

※価格は税込価格です。

この記事を読んでいる人は他にこんなメニューも見ています。

和牛朴葉味噌焼定食

「朴葉味噌(ほおばみそ)」とは、飛騨高山地方の郷土料理ですが、ここではその朴葉味噌の上で和牛を焼いて味わいます。 熱々に熱せられた陶板の上には朴葉、味噌、和牛、そしてモヤシやネギ、しいたけなどの野菜。少し焦げた味噌が香ばしさを際立たせ、それ……続きを読む

能登豚のすた丼

「西能登おもてなし丼」とは志賀町が認定した、徹底的な地元食材の使用と、志賀町在住の人の考案・調理にこだわった丼。道の駅のすた丼は、志賀町産の能登豚をたまねぎと一緒に甘辛く味付け、しょうがの風味をきかせました。半熟卵とマヨネーズでコクとまろや……続きを読む

常陸亭御膳 国産豚の酒粕味噌漬け焼き

豚肉は奥久慈、常陸牧場のブランド豚「橅豚(ぶなぶた)」の肩ロース。3日間じっくり酒粕味噌に漬け込んだことで、橅豚のたっぷりの旨みと甘みも十分に引き出されています。噛むほどに酒粕のまろやかな香りとともに深まる味わいも、箸を進めるに十分な理由。……続きを読む