三条大橋
loading

味くらぶ

広島県道の駅 世羅

広島の名物がなんと丼に! 世羅にこだわった新名物誕生

広島お好み丼(味噌汁付)

700

4

見た目はまるでお好み焼き。文字通りお好み焼きを丼にしたという、挑戦的な一杯です。瀬戸内六穀豚、卵、キャベツなど、食材は世羅産にこだわりました。ソースが主張し過ぎず、味の主役は豚肉や野菜などの素材の持つ甘み。これに秘密の隠し味が彩りを添えますが、それが何かは食べてからのお楽しみです。「お好み焼きはおかずか?主食か?」という論争にも一石を投じる、世羅の新名物です。

※価格は税込価格です。

この記事を読んでいる人は他にこんなメニューも見ています。

くりから蕎麦(ザル)

源平の戦「火牛の計」の舞台となった倶利伽羅峠。その倶利伽羅峠のある砺波山(倶利伽羅山)の山ごぼうの葉を使ったそばがあります。つゆにつけてそばをすすると、強いコシと爽快なのど越しを楽しめます。そして、山ごぼうの葉を練りこんでいるから、他のそば……続きを読む

ケイちゃん焼き定食

「ケイちゃん(鶏ちゃん)」とは、醤油や味噌タレに漬け込んだ鶏肉をキャベツなどと一緒に焼いて食べる、飛騨や奥美濃の郷土料理。蓬庵の「ケイちゃん」は味噌ベース。熱々の鉄鍋でやってきます。味噌タレの旨みをしっかり吸い込んだ鶏肉、さらにその旨みも絡……続きを読む

喜多方極太ラーメン

醤油味のスープ。平打ちで水分を多く含ませじっくり寝かせてつくる太いちぢれ麺。 これが一般的な喜多方ラーメンですが、道の駅「ばんだい」の一杯は、麺がとにかく太い!食感はもはや「もっちり」。ズルズルっとすすればその存在感がはっきりわかります。食……続きを読む