三条大橋
loading

味くらぶ

広島県道の駅 世羅

広島の名物がなんと丼に! 世羅にこだわった新名物誕生

広島お好み丼(味噌汁付)

700

4

見た目はまるでお好み焼き。文字通りお好み焼きを丼にしたという、挑戦的な一杯です。瀬戸内六穀豚、卵、キャベツなど、食材は世羅産にこだわりました。ソースが主張し過ぎず、味の主役は豚肉や野菜などの素材の持つ甘み。これに秘密の隠し味が彩りを添えますが、それが何かは食べてからのお楽しみです。「お好み焼きはおかずか?主食か?」という論争にも一石を投じる、世羅の新名物です。

※価格は税込価格です。

この記事を読んでいる人は他にこんなメニューも見ています。

馬肉煮込み定食

青森県との県境、杉林に囲まれた道の駅。レストランには秋田県の名物がいっぱいです。 大館市特産の馬肉がたっぷりの定食。赤身が中心のヘルシーな肉は、濃い目の味噌でしっかり煮込まれていて、スジの部分はとろとろ。噛むほどに旨みが広がります。ピリ辛で……続きを読む

ハタハタうどん

12月に旬を迎えるハタハタ。それまで待ちきれないあなたにオススメなのがこちらです。一見何の変哲もない細めのうどんですが、よく見ると黒いつぶつぶが。粉末にしたハタハタをうどんに練り込み、もっちり感とコシを引き出しています。魚の臭みはなく、ツル……続きを読む

能登豚のすた丼

「西能登おもてなし丼」とは志賀町が認定した、徹底的な地元食材の使用と、志賀町在住の人の考案・調理にこだわった丼。道の駅のすた丼は、志賀町産の能登豚をたまねぎと一緒に甘辛く味付け、しょうがの風味をきかせました。半熟卵とマヨネーズでコクとまろや……続きを読む