三条大橋
loading

味くらぶ

兵庫県道の駅 但馬楽座

和牛レストランで味わう 舌でとろける但馬牛

但馬牛ビーフシチューセット

2,160

3

弱火で12時間かけて煮込んだ但馬牛のバラ肉は、デミグラスソースをまとってお皿の上へ。とろとろに柔らかくなった但馬牛は舌の上で、旨みとなってとろけます。色とりどりの野菜をソースと絡めながら、または、選べるライスかパンとご一緒に。濃厚な旨みの但馬牛は、鉄板で焼くのも絶品ですが、煮込んでもまた絶品だということを教えてくれる一皿です。

※価格は税込価格です。

この記事を読んでいる人は他にこんなメニューも見ています。

ほっきコロッケ

相馬の名物ホッキ貝。「ホッキ飯」は郷土料理として昔から親しまれてきました。 でも、道の駅で人気のホッキ貝メニューは、なんとコロッケ。サクッと揚がったコロッケの中には熱々ホクホクのジャガイモ。甘みのあるその中に、プリッとした食感の、カットされ……続きを読む

縄文はんばーぐ

高畠町産の旨みたっぷりのダイヤモンドポークを使ってつくった特製ハンバーグ。 ハンバーグは肉汁たっぷりでジューシー。肉の旨みと醤油の風味がよく絡んだタレはハンバーグの味をさらに引き立てます。 さらにハンバーグの中には、高畠町産の黒米、たかきび……続きを読む

かかし

うずらの卵、ウィンナー、フランクフルトを串に刺して揚げたシンプルな串揚げ。 輪島市内のお肉屋さん「藤田総本店」の先代が、田んぼに立てられた案山子をもとに考えたこの「かかし」。以来約40年、輪島の老若男女問わず人気の串揚げです。 子ども達のお……続きを読む