三条大橋
loading

味くらぶ

埼玉県道の駅 童謡のふる里おおとね

古代米と小麦粉の コラボうどん

ざる黒米うどん

700

5

レストランの入口には職人が手打ちするスペース。その鮮やかな手つきに思わず吸い寄せられてしまいます。この店の一番人気は黒いうどん。加須市大利根地区で生産された黒米を粉末にして練り込んでいます。見た目にもインパクトがありますが、食感も予想以上にもちもちで、喉ごしが良くすっきりとした味わいです。うどんファンならずとも一度お試しあれ。

※価格は税込価格です。

この記事を読んでいる人は他にこんなメニューも見ています。

おみ漬納豆うどん

山形県を代表する漬物といえばおみ漬け。青菜、にんじん、だいこんを刻んで塩などで漬けた秋冬の郷土料理です。ご飯に合うのはもちろん、茹でたての温かいうどんとの相性も抜群。納豆と合わせれば、パリパリ感、ネバネバ感、シコシコ感が楽しめる、なんとも面……続きを読む

クリームソース蕎麦パスタ

地元の特産品 百宅蕎麦を使って新しい味を誕生させたいと考え出されたのがこのパスタ。蕎麦粉を2割ほど加えた平打ちの麺には、よく見ると黒いつぶつぶが。一見フェットチーネ風ですが、ほんのり蕎麦の香りが漂います。つるりとした食感で、きのこのクリーム……続きを読む

メンチカツ丼

野馬追の里 南相馬。「食事処 さくら亭」では、桜肉ではなく牛・豚・鶏、3種の肉を使ったメンチカツの丼がおすすめです。 南相馬の名物となっている今野畜産のメンチカツ。肉3種の秘伝の配合が絶妙で、噛みしめるたびに肉の旨味がどんどん染み出してきま……続きを読む