三条大橋
loading

味くらぶ

石川県道の駅 倶利伽羅 源平の郷

コシとのど越しの秘密は倶利伽羅山の山ごぼう

くりから蕎麦(ザル)

730

9

源平の戦「火牛の計」の舞台となった倶利伽羅峠。その倶利伽羅峠のある砺波山(倶利伽羅山)の山ごぼうの葉を使ったそばがあります。つゆにつけてそばをすすると、強いコシと爽快なのど越しを楽しめます。そして、山ごぼうの葉を練りこんでいるから、他のそばとは違うシャッキリとした歯ごたえ。そばの香りの奥には、ほのかに緑の香りもあり、爽やかな後味です。

※価格は税込価格です。

この記事を読んでいる人は他にこんなメニューも見ています。

葉わさびそば御膳

美ヶ原高原にほど近い安曇野市は、質の高いわさびの名産地としても知られています。そばに載ったシャキシャキとした歯ごたえと爽やかな香りの葉わさびは「麻の葉」だけのオリジナル。産地安曇野の葉わさびを丁寧に仕込み、この風味を出しました。夏でも涼しい……続きを読む

但馬牛の焼肉丼

日本のあらゆるブランド牛のもととなった「但馬牛」。その上質な但馬牛の味をシンプルに味わえる焼肉を、ご飯の上に載っければ、これまた贅沢な焼肉丼のできあがり。但馬牛らしく質の良い脂は、旨みをたっぷり包みながらもキレのいい後味。甘辛い特製味噌だれ……続きを読む

米粉ぎょうざ

小麦を使用しない米粉の皮の餃子は、日本初とのこと。大潟村の米粉を使った、村の新名物は、道の駅でも人気のメニューです。米粉の皮は色白でもっちり、そしてしっとり。キャベツ、ニラなど野菜が豊富に使われた餡には甘みがあり、ペロッと何個でもいけそうな……続きを読む