三条大橋
loading

味くらぶ

石川県道の駅 倶利伽羅 源平の郷

コシとのど越しの秘密は倶利伽羅山の山ごぼう

くりから蕎麦(ザル)

730

9

源平の戦「火牛の計」の舞台となった倶利伽羅峠。その倶利伽羅峠のある砺波山(倶利伽羅山)の山ごぼうの葉を使ったそばがあります。つゆにつけてそばをすすると、強いコシと爽快なのど越しを楽しめます。そして、山ごぼうの葉を練りこんでいるから、他のそばとは違うシャッキリとした歯ごたえ。そばの香りの奥には、ほのかに緑の香りもあり、爽やかな後味です。

※価格は税込価格です。

この記事を読んでいる人は他にこんなメニューも見ています。

もち豚のタレカツ丼

「道の駅 阿賀の里」物産館「夢蔵」の2階「刃物工芸館」。阿賀の山河を望むここに「ライダーズ・ルートカフェ」はあります。タレカツ丼に使っているのは、新潟県産の「和豚もち豚」。店内で一つ一つ丁寧にパン粉をつけて揚げました。タレは長期熟成醤油をべ……続きを読む

行者ニンニク入り餃子

「行者ニンニク」とは、滋養がつき過ぎて修行にならないため、修験道の「行者」が食べることを禁じられたとも云われるほど栄養豊富な山菜。それを入れたのがこの餃子。確かに香るニンニクのような香り。これがパワーの源です。キャベツを少なくしているので、……続きを読む

お稲荷セット

沢と山が連続する起伏に富んだ仙田郷の中心地に位置する道の駅。木のぬくもりがいっぱいの店内でいただく懐かしい味。地元川西産コシヒカリを柔らかく包んだお稲荷。程よい甘さが心をほっと落ち着かせてくれます。セットの、ダシがきいたうどんもさることなが……続きを読む