三条大橋
loading

味くらぶ

石川県道の駅 倶利伽羅 源平の郷

コシとのど越しの秘密は倶利伽羅山の山ごぼう

くりから蕎麦(ザル)

730

9

源平の戦「火牛の計」の舞台となった倶利伽羅峠。その倶利伽羅峠のある砺波山(倶利伽羅山)の山ごぼうの葉を使ったそばがあります。つゆにつけてそばをすすると、強いコシと爽快なのど越しを楽しめます。そして、山ごぼうの葉を練りこんでいるから、他のそばとは違うシャッキリとした歯ごたえ。そばの香りの奥には、ほのかに緑の香りもあり、爽やかな後味です。

※価格は税込価格です。

この記事を読んでいる人は他にこんなメニューも見ています。

たらいうどん(1人前)

旧土成町が発祥の「たらいうどん」。ちょっと太めのうどんを、お湯の入ったたらいに泳がせ、小川で獲れるハゼ科の小さな魚「じんぞく」のダシで味わいます。たらいうどんを気軽に味わうなら道の駅へ。頭上に直径8・7mの巨大たらいがある喫茶コーナーで、熱……続きを読む

野田塩ラーメン

野田村産の天然塩「のだ塩」は、昔ながらの直煮法でつくった、ミネラル豊富な塩。この一杯で、その「のだ塩」を味わいましょう。透き通ったスープは、塩味の角がなく、天然塩ならではのまろやかな味。奥のほうに少し甘みも感じられます。細い縮れ麺はスープと……続きを読む

奥州牛入肉すいとん

小麦粉を練り、薄く伸ばして茹で上げる「すいとん」は、東北では昔ながらの家庭の味です。ちょっと贅沢に味わうならぜひこの一杯を。県のブランド牛「奥州牛」がたっぷり入った甘めのつゆは、牛肉と野菜の旨みが溶け出しています。昔ながらの製法で作った自慢……続きを読む