三条大橋
loading

味くらぶ

石川県道の駅 倶利伽羅 源平の郷

コシとのど越しの秘密は倶利伽羅山の山ごぼう

くりから蕎麦(ザル)

730

9

源平の戦「火牛の計」の舞台となった倶利伽羅峠。その倶利伽羅峠のある砺波山(倶利伽羅山)の山ごぼうの葉を使ったそばがあります。つゆにつけてそばをすすると、強いコシと爽快なのど越しを楽しめます。そして、山ごぼうの葉を練りこんでいるから、他のそばとは違うシャッキリとした歯ごたえ。そばの香りの奥には、ほのかに緑の香りもあり、爽やかな後味です。

※価格は税込価格です。

この記事を読んでいる人は他にこんなメニューも見ています。

ヤーコン定食

美味しそうなメンチカツ定食…、と思ったら、これはなんと「ヤーコン定食」。天栄村特産のヤーコンは、オリゴ糖と食物繊維を豊富に含んだ、イモのような野菜です。ヤーコン入りの具沢山メンチカツ、ヤーコン入りのソーセージ、そしてサラダも。ヤーコンのほの……続きを読む

野豚の温玉カツ丼

小谷村の「野豚」は、村内の広大な野山で放牧された元気な野豚です。綺麗なキツネ色の衣に包まれた野豚肉のカツ。歯で噛むと、柔らかな肉からジューシーな旨みが染み出します。温泉玉子とからめると、コクとまろやかさが加わります。ご飯は、はね釜を使い、直……続きを読む

海鮮イカスミやきそば

横手市と言えば「横手やきそば」!肉玉の旨さは、あえて言うまでもありません。それでは、こちらはいかが?山のように載った海の幸と、イカスミを練り込んだ真っ黒な自家製麺で、海鮮の旨みをたっぷりと。イカスミの生臭さは少しもなく、純粋に旨みだけを麺に……続きを読む