三条大橋
loading

味くらぶ

石川県道の駅 倶利伽羅 源平の郷

コシとのど越しの秘密は倶利伽羅山の山ごぼう

くりから蕎麦(ザル)

730

9

源平の戦「火牛の計」の舞台となった倶利伽羅峠。その倶利伽羅峠のある砺波山(倶利伽羅山)の山ごぼうの葉を使ったそばがあります。つゆにつけてそばをすすると、強いコシと爽快なのど越しを楽しめます。そして、山ごぼうの葉を練りこんでいるから、他のそばとは違うシャッキリとした歯ごたえ。そばの香りの奥には、ほのかに緑の香りもあり、爽やかな後味です。

※価格は税込価格です。

この記事を読んでいる人は他にこんなメニューも見ています。

ハタハタうどん

12月に旬を迎えるハタハタ。それまで待ちきれないあなたにオススメなのがこちらです。一見何の変哲もない細めのうどんですが、よく見ると黒いつぶつぶが。粉末にしたハタハタをうどんに練り込み、もっちり感とコシを引き出しています。魚の臭みはなく、ツル……続きを読む

あわびの酒蒸し定食

道の駅で食べるあわびは「八峰白神あわび」。白神山地の自然と、貴重な陸上養殖技術によって育てられたあわびです。その八峰白神あわびを地酒で蒸しあげ、バター醤油で味わいます。一緒に蒸した昆布の風味も旨さを引き立てます。柔らかい肝も格別。そばは地元……続きを読む

千屋牛陶板焼き

「千屋牛」とは、全国の和牛ブランドのルーツともいわれる、新見市特産の黒毛和牛です。 その千屋牛を陶板で焼く、レストラン人気のメニュー。焼き上がりを地元の定番、金山の焼肉のタレにつけて食べれば、噛むほどに溢れる肉汁と、にんにくが効いたタレが溶……続きを読む