三条大橋
loading

味くらぶ

石川県道の駅 倶利伽羅 源平の郷

コシとのど越しの秘密は倶利伽羅山の山ごぼう

くりから蕎麦(ザル)

730

10

源平の戦「火牛の計」の舞台となった倶利伽羅峠。その倶利伽羅峠のある砺波山(倶利伽羅山)の山ごぼうの葉を使ったそばがあります。つゆにつけてそばをすすると、強いコシと爽快なのど越しを楽しめます。そして、山ごぼうの葉を練りこんでいるから、他のそばとは違うシャッキリとした歯ごたえ。そばの香りの奥には、ほのかに緑の香りもあり、爽やかな後味です。

※価格は税込価格です。

この記事を読んでいる人は他にこんなメニューも見ています。

豚汁定食

白飯とともに並ぶのは、豚汁、冷ややっこ、漬物のみ、という潔さ。豚汁の中にごろっと入った野菜の大きさにきっと驚くでしょう。地元の野菜を中心に使用し、味付けはあっさり。野菜の甘みをしっかり感じます。じゃがいものホクホク感は、この大きさだからこそ……続きを読む

板そば

秩父の素材を使ったメニューを提供する郷土料理レストラン。コシが強く香り高い秩父のそばを、さらにおいしくするのが地元で40年もの間愛され続けている自慢のそばつゆです。板のような平らな器に入った蕎麦の量は、なんと通常のざるそばの2人前。細切りで……続きを読む

白ごま担々麺

温泉のある人気の道の駅「上品の郷」。温泉に入った後は、せっかく温まった身体を冷やさないように、温かい一杯はいかがですか。細ちぢれ麺が入るのは、白ごまの香り豊かでクリーミーなスープ。麺とスープがしっかり絡みます。半熟卵が最初から付いているのも……続きを読む