三条大橋
loading

味くらぶ

長野県道の駅 木曽川源流の里きそむら

旨みたっぷりの木曽牛を熱々の陶板で焼く醍醐味

木曽牛陶板焼き定食

1,500

8

注文後少ししてセルフサービスのカウンターに出されたのは、熱々でジュージューと音を立てる陶板焼きの木曽牛。立ち上る脂の焼ける香りに食欲を刺激され、おろしダレに焼けた肉をつけて食べると、旨みは濃厚ながらも、さっぱりとした後味。どんどんご飯が進みそうです。ちなみにご飯(安曇野産米使用)はおかわり自由。手軽に木曽牛を味わえる、満足の逸品です。

※価格は税込価格です。

この記事を読んでいる人は他にこんなメニューも見ています。

鍛冶屋鍋うどん

特注の四角い鉄鍋に入ったこのメニューは「鍛冶屋鍋」。古くから金物の生産が盛んなこの地で、永く鍛冶職人のスタミナ食として親しまれてきた郷土食です。栄養豊富なタコとナスをメインに、鶏肉、白菜、人参、きのこ、豆腐などたっぷりの具が入った、醤油ベー……続きを読む

そばだんご(あんこがけ)

「そばだんご」は、そば粉を麺にして食べるようになった江戸時代より昔から親しまれていたそばの食べ方の一つです。そば粉からこだわっているお店でこそ出会える甘味。その味わいは、モチモチとしたコシのある歯ごたえに、ほのかなそばの香り。甘さ控えめのあ……続きを読む

豚しゃぶ味噌 ごっつあんらーめん

浪岡出身の元横綱 隆の里(鳴戸親方)が巡業の合間に立ち寄っていたという道の駅。 出てきたのはまるでちゃんこ鍋。特製味噌を使ったスープに、つがる豚のロース肉と焼き豆腐、さらには山盛りの野菜で麺が見えないほど。シメには残ったスープでおじやも食べ……続きを読む