三条大橋
loading

味くらぶ

福島県道の駅 南相馬

3種の肉の合わせ技 噛めば染み出す肉の旨味

メンチカツ丼

600

6

野馬追の里 南相馬。「食事処 さくら亭」では、桜肉ではなく牛・豚・鶏、3種の肉を使ったメンチカツの丼がおすすめです。 南相馬の名物となっている今野畜産のメンチカツ。肉3種の秘伝の配合が絶妙で、噛みしめるたびに肉の旨味がどんどん染み出してきます。これぞメンチカツの醍醐味!まるで肉そのものを食べているかのようです。 まさに名物にふさわしい一品です。

※価格は税込価格です。

この記事を読んでいる人は他にこんなメニューも見ています。

すっぽんひとり鍋

美容・健康食材として知られる「すっぽん」。高級食材のすっぽんですが実は、道の駅「スパ羅漢」ではお手軽価格で食べられるんです。一人用の鍋に、たっぷりの野菜とすっぽんのお肉。すっぽんのダシと白醤油、お酒だけで作るスープが絶妙のバランスです。オリ……続きを読む

むかしラーメン

このレストランの看板メニューは、潮来産コシヒカリとおふくろの味のおかず。でも実は、昔ながらのラーメンも密かな人気です。醤油ベースの懐かしい味わいのスープに、少し縮れた中細たまご麺。ナルトが更なる懐かしさを演出します。少しだけ加えられた背脂が……続きを読む

豚しゃぶ味噌 ごっつあんらーめん

浪岡出身の元横綱 隆の里(鳴戸親方)が巡業の合間に立ち寄っていたという道の駅。 出てきたのはまるでちゃんこ鍋。特製味噌を使ったスープに、つがる豚のロース肉と焼き豆腐、さらには山盛りの野菜で麺が見えないほど。シメには残ったスープでおじやも食べ……続きを読む