三条大橋
loading

味くらぶ

福島県道の駅 南相馬

3種の肉の合わせ技 噛めば染み出す肉の旨味

メンチカツ丼

600

6

野馬追の里 南相馬。「食事処 さくら亭」では、桜肉ではなく牛・豚・鶏、3種の肉を使ったメンチカツの丼がおすすめです。 南相馬の名物となっている今野畜産のメンチカツ。肉3種の秘伝の配合が絶妙で、噛みしめるたびに肉の旨味がどんどん染み出してきます。これぞメンチカツの醍醐味!まるで肉そのものを食べているかのようです。 まさに名物にふさわしい一品です。

※価格は税込価格です。

この記事を読んでいる人は他にこんなメニューも見ています。

子持ちガレイの煮付け定食

産卵直前の卵がぎっしり入った子持ちカレイ。この季節、食べたくなる人も多いはず。卵の食感と旨味は当然のことながら、肉厚の浅羽ガレイの身は、歯ごたえはプリプリ。丁寧に手間ひまかけてじっくりと煮付けられただけあって、甘味と塩味のバランスの良い、上……続きを読む

鮭いくら丼

秋田県の玄関口、湯沢市に位置する道の駅。道の駅「おがち」の名物といえば「手揉みゼンマイ卵丼」ですが、料理長自慢の鮭の親子丼も隠れた人気の一品です。大きめの切り身を炊き上げ、はらこ飯風に仕上げました。錦糸卵もまた優しい味わいです。いくらがたっ……続きを読む

岩ガキ丼

日本海の新鮮な魚介を楽しめる「地魚工房えがわ」の夏の人気メニュー。地元で獲れる大粒の岩ガキに衣をつけて揚げた、キツネ色の香ばしいフライ。それをしいたけ、玉ねぎと合わせて卵とじに。優しい味つけでしつこくなく、大粒の岩ガキはフライにしてもプリプ……続きを読む