三条大橋
loading

味くらぶ

石川県道の駅 織姫の里 なかのと

中島菜を練りこんだもっちりうどんが美味

中島菜うどん

500

8

「中島菜」とは、アブラナ科の一種で、能登地方伝統の野菜。「塩漬けにしても花を咲かせる」というほどの生命力のある野菜で、栄養価が高いのもうなずけます。
その中島菜を練りこんだうどんは淡い緑色。クセもなく、もっちりした麺です。のどごしも良く、かつおと昆布だしのつゆとの相性も抜群。具のそぼろもいい味です。
職人の作るお寿司なども、ご一緒にどうぞ。

※価格は税込価格です。

この記事を読んでいる人は他にこんなメニューも見ています。

東御市産ホエー豚と浅間小町のカツ丼

よくタレがしみてもサクサクの、カツの衣の中には、厚切りのホエー豚。チーズを作るときに出来る液体「ホエー(乳清)」を飲ませて育てた豚の肉は、噛めば肉汁がたっぷり。そのホエー豚のカツを優しくとじるのは、トロトロ半熟の、濃厚な地元産赤鶏卵「浅間小……続きを読む

タコライス

千曲川のほとりにある「花の駅・千曲川」には、地元食材にこだわるカフェがあります。自慢のタコライスには、飯山産のこしひかりと菜の花みゆき卵を使用。トマトの酸味がきいたタコスミートに、決め手は特製のアボカドソースとクリームチーズソース。目玉焼き……続きを読む

ひっつみ(ほうれん草入り)

長い大坊峠を越えた先でほっと一息。食事処では心温まるメニューが迎えてくれます。 岩手県の郷土料理「ひっつみ」に、県の特産であるほうれん草を練り込み彩り鮮やかに。つるつるもちもちの生地からはほんのりほうれん草の香り。癖はなくつるりと食べられま……続きを読む