三条大橋
loading

味くらぶ

石川県道の駅 倶利伽羅 源平の郷

熱々の陶板の上で朴葉と味噌が香り立つ

和牛朴葉味噌焼定食

1,350

7

「朴葉味噌(ほおばみそ)」とは、飛騨高山地方の郷土料理ですが、ここではその朴葉味噌の上で和牛を焼いて味わいます。
熱々に熱せられた陶板の上には朴葉、味噌、和牛、そしてモヤシやネギ、しいたけなどの野菜。少し焦げた味噌が香ばしさを際立たせ、それぞれの素材に甘みと旨みを与えます。和牛は噛むほどに旨みが。ご飯が進み過ぎて、足りなくなるかも。

 

※価格は税込価格です。

この記事を読んでいる人は他にこんなメニューも見ています。

もち豚のタレカツ丼

「道の駅 阿賀の里」物産館「夢蔵」の2階「刃物工芸館」。阿賀の山河を望むここに「ライダーズ・ルートカフェ」はあります。タレカツ丼に使っているのは、新潟県産の「和豚もち豚」。店内で一つ一つ丁寧にパン粉をつけて揚げました。タレは長期熟成醤油をべ……続きを読む

日吉ダムカレー

真ん中に盛られたご飯がカレーをせき止めて、まさにダム。道の駅の近くにある「日吉ダム」をモチーフにしたこのカレー。もはや、道の駅の名物としても有名です。天若湖を表したルーは、スパイシーな味付けで、具には地元の鹿肉も入っています。半熟卵はふれあ……続きを読む

花籠御膳

東京唯一の道の駅で味わえる目にもうれしい華やかな御膳。えびと野菜の天ぷらをメインに、旬野菜の小鉢や季節のフルーツなどが並びます。 都内有数の農産地、八王子の新鮮野菜をたっぷり味わえる御膳。天ぷらは揚げたてサクサク!数種類の小鉢はちょっとずつ……続きを読む