三条大橋
loading

味くらぶ

石川県道の駅 倶利伽羅 源平の郷

熱々の陶板の上で朴葉と味噌が香り立つ

和牛朴葉味噌焼定食

1,350

7

「朴葉味噌(ほおばみそ)」とは、飛騨高山地方の郷土料理ですが、ここではその朴葉味噌の上で和牛を焼いて味わいます。
熱々に熱せられた陶板の上には朴葉、味噌、和牛、そしてモヤシやネギ、しいたけなどの野菜。少し焦げた味噌が香ばしさを際立たせ、それぞれの素材に甘みと旨みを与えます。和牛は噛むほどに旨みが。ご飯が進み過ぎて、足りなくなるかも。

 

※価格は税込価格です。

この記事を読んでいる人は他にこんなメニューも見ています。

カニ汁定食

「道の駅 能生」には、特産のベニズワイガニを扱う多くの漁船直売店が並びます。そのカニを手軽に頂けるのが「カニ汁」。番屋のカニ汁は、取り扱いに困るほどの大きなカニ足。身もしっかり楽しめます。 カニのダシがしっかり出たお汁は旨味たっぷり。さらに……続きを読む

自然薯料理「山里」

宍粟市の名産は「自然薯」。一般的な山芋に比べて栄養価が高く、粘りも強いのが特徴。この定食では、地元のお米と宍粟産の紫黒米、大麦、もちきび、もちあわ、いりごま、アマランサスを一緒に炊き上げた「六穀釜めし」に自然薯とろろをかけて食べます。さらに……続きを読む

美郷たぬ中・美郷まんまセット

「美郷たぬ中」は、和風つゆを使った中華麺。中華麺は想像以上に和風つゆによく絡み、あっさりしてるのに、食べ応え十分です。「美郷まんま」は黒毛和牛を使ったまぜご飯という、B級を超えた贅沢グルメ。ありがちな甘めの味付けではなく、黒毛和牛の脂の旨み……続きを読む