三条大橋
loading

味くらぶ

石川県道の駅 倶利伽羅 源平の郷

熱々の陶板の上で朴葉と味噌が香り立つ

和牛朴葉味噌焼定食

1,350

7

「朴葉味噌(ほおばみそ)」とは、飛騨高山地方の郷土料理ですが、ここではその朴葉味噌の上で和牛を焼いて味わいます。
熱々に熱せられた陶板の上には朴葉、味噌、和牛、そしてモヤシやネギ、しいたけなどの野菜。少し焦げた味噌が香ばしさを際立たせ、それぞれの素材に甘みと旨みを与えます。和牛は噛むほどに旨みが。ご飯が進み過ぎて、足りなくなるかも。

 

※価格は税込価格です。

この記事を読んでいる人は他にこんなメニューも見ています。

つぶあんぱん

どこか懐かしい見た目と味わいで密かな人気を集めているのが道の駅もりたにある「パン工房TATSUYA」のつぶあんぱん。ほんのり甘みがあるパン生地は、水や塩にもこだわり、生地本来のおいしさを引き出しています。元々和菓子屋からスタートしたお店だか……続きを読む

山海風陶板焼きセット

陶板に載せるのは柔らかい牛肉と、鮭、帆立、海老などの魚介、きのこや野菜、こんにゃくなど。バターで香ばしく焼き上げると、肉汁と、野菜や魚介の旨みが陶板の上で溶け合います。その旨みをまとわせて、牛肉は味噌ダレ、鮭はタルタルソース、などと好みでタ……続きを読む

茶屋っこ弁当

レストランで提供される甘みのあるお米は、100%大仙市産のあきたこまち。 定番の「茶屋っこ弁当」は、お刺身、唐揚げ、天ぷらなど、おかずのバランスがよく、作りたてなので、揚げ物もサクサク。少々お時間がかかりますが、お米の美味しさを味わうにはぴ……続きを読む