三条大橋
loading

味くらぶ

石川県道の駅 倶利伽羅 源平の郷

熱々の陶板の上で朴葉と味噌が香り立つ

和牛朴葉味噌焼定食

1,350

7

「朴葉味噌(ほおばみそ)」とは、飛騨高山地方の郷土料理ですが、ここではその朴葉味噌の上で和牛を焼いて味わいます。
熱々に熱せられた陶板の上には朴葉、味噌、和牛、そしてモヤシやネギ、しいたけなどの野菜。少し焦げた味噌が香ばしさを際立たせ、それぞれの素材に甘みと旨みを与えます。和牛は噛むほどに旨みが。ご飯が進み過ぎて、足りなくなるかも。

 

※価格は税込価格です。

この記事を読んでいる人は他にこんなメニューも見ています。

木曽牛陶板焼き定食

注文後少ししてセルフサービスのカウンターに出されたのは、熱々でジュージューと音を立てる陶板焼きの木曽牛。立ち上る脂の焼ける香りに食欲を刺激され、おろしダレに焼けた肉をつけて食べると、旨みは濃厚ながらも、さっぱりとした後味。どんどんご飯が進み……続きを読む

牛もち丼

丼ご飯が来るかと思えば、来たのは肉うどん?いや、入っているのはお餅でした。甘辛く味付けられた、たっぷりの牛丼の具。あっさりめのつゆの中には新庄村の特産の餅米「ヒメノモチ」を使った「ひめのもち」が3個。昼夜の寒暖差が激しい新庄村で育った餅米の……続きを読む

そばガレット(階上早生そば粉入りアイスクリーム)

そばガレットとは、そば粉に水と塩を加えた生地を薄焼きにしたフランスの郷土料理。 洋食のコックだったという料理人が作る本格ガレットは、生地はもちろん、アイスクリームにも階上町特産のそば粉「階上早生」を使用。生地には水と塩のみを使い、毎朝店内で……続きを読む