三条大橋
loading

味くらぶ

石川県道の駅 倶利伽羅 源平の郷

熱々の陶板の上で朴葉と味噌が香り立つ

和牛朴葉味噌焼定食

1,350

7

「朴葉味噌(ほおばみそ)」とは、飛騨高山地方の郷土料理ですが、ここではその朴葉味噌の上で和牛を焼いて味わいます。
熱々に熱せられた陶板の上には朴葉、味噌、和牛、そしてモヤシやネギ、しいたけなどの野菜。少し焦げた味噌が香ばしさを際立たせ、それぞれの素材に甘みと旨みを与えます。和牛は噛むほどに旨みが。ご飯が進み過ぎて、足りなくなるかも。

 

※価格は税込価格です。

この記事を読んでいる人は他にこんなメニューも見ています。

地美恵カレー

ジビエとは狩猟で得た天然の野生鳥獣の食肉のこと。このカレーは、美作市のしし(猪)肉を使った人気メニューです。カレーは、少し辛めでスパイスがきいていて、夏の暑さを吹き飛ばしてくれそう。ゴロッと入った存在感たっぷりのしし肉は少し歯ごたえがありま……続きを読む

そばうすやき

あれはピザ?「そばうすやき」と書かれたそのメニュー。石臼挽きの挽きたてのそば粉と水だけで打った生地に、地元の西山大豆を使った味噌「ひとり娘」を塗り、直売所のネギを載せて焼いた一品。注文を受けてからつくります。ナポリピザのように肉厚の生地から……続きを読む

比内地鶏わっぱ膳

十和田湖と八幡平を結ぶ国道沿いに位置する「道の駅かづの」。レストランではさまざまな郷土の味覚を楽しむことができます。 直火で蒸し上げられながら提供されるわっぱ飯。ぎゅっと身が締まった比内鶏が照り焼き風に味付けされ、ごはんとの相性は抜群。鶏そ……続きを読む