三条大橋
loading

味くらぶ

石川県道の駅 倶利伽羅 源平の郷

熱々の陶板の上で朴葉と味噌が香り立つ

和牛朴葉味噌焼定食

1,350

7

「朴葉味噌(ほおばみそ)」とは、飛騨高山地方の郷土料理ですが、ここではその朴葉味噌の上で和牛を焼いて味わいます。
熱々に熱せられた陶板の上には朴葉、味噌、和牛、そしてモヤシやネギ、しいたけなどの野菜。少し焦げた味噌が香ばしさを際立たせ、それぞれの素材に甘みと旨みを与えます。和牛は噛むほどに旨みが。ご飯が進み過ぎて、足りなくなるかも。

 

※価格は税込価格です。

この記事を読んでいる人は他にこんなメニューも見ています。

弥生うどん

「弥生うどん」とは、古代からよく食べられていたどんぐり・くり・いもを練り込んだレストランのオリジナルうどん。もっちりとした食感の麺はほんのり甘みがあり、どこか懐かしくも感じられます。口の中で感じるどんぐりなどのつぶつぶ感も魅力の一つ。塩味の……続きを読む

ひらふく定食

いろんなものを少しずつ、しかもできるだけ身体に優しいものを。そんな身体をいたわりたい方にもぴったりな定食。みずみずしい歯ごたえの手作りこんにゃくは、刺身と味噌煮で味わいます。ふわふわの中に野菜を包んだ自然薯まんじゅうは、疲れた身体に、優しく……続きを読む

氷見牛メンチカツ

注文を受けてから揚げるメンチカツ。熱々サクサクのメンチカツに歯を立てれば、ジュワーっと染み出す牛肉の旨み。氷見の中山間地の緑豊かな環境の中で、一頭一頭愛情をもって育てられる「氷見牛」使用ですから当然です。肉質の良さでも注目されているブランド……続きを読む