三条大橋
loading

クロースアップ道の駅

道の駅 取材紀行 〜ロード オブ ザ 道の駅〜 その1

こちらは、私の取材時のなんやらかんやらを不定期にお伝えしていこう、というコーナー(?)となっております。

時には取材の裏話なんかも書いちゃうかも?!それでは早速、元気に始めましょう!!

 

今回は「第6回 ふくしま道の駅空の駅まつり」の様子をお伝えします!

あいにくの天気でしたが、道の駅ファンで賑わっていました。

あいにくの天気でしたが、道の駅ファンで賑わっていました。

先週の土曜日に福島空港で行われた、福島県内のほとんどの道の駅と、県外の道の駅の物産の集まるこの一大イベント。毎年恒例となりましたが、今回は朝から小雨の降る生憎の天気。
しかし、私が到着した昼ごろには雨も上がり、例年よりは少ないとのことでしたが多くの道の駅ファンで賑わっていました。県外からのお客さんも多かったそうです。

私の場合、一つの場所で一度にいろんな道の駅のスタッフの方にお会いできるので、かなり楽…、いや、楽しい時間でした。

いつも元気な「ふくしま東和」の大槻さん。

いつも元気な「ふくしま東和」の大槻さん。

暖かそうな格好の、道の駅「にしあいづ」の鎌倉駅長です。

暖かそうな格好の、道の駅「にしあいづ」の鎌倉駅長です。

各道の駅のブースに顔を出すと、「今日も仕事?大変だねぇ。」なんて声を掛けてもらい、大変恐縮です。この寒い中、朝早くから働いている皆さんを前に、普通に観光気分で来てしまってごめんなさい。その上、ブログ用に写真に協力していただいたり、ご馳走していただいたり、本当に申し訳ありませんでした。そして、ありがとうございました。

道の駅「ふるどの」の緑川駅長とスタッフのみなさん。

道の駅「ふるどの」の緑川駅長とスタッフのみなさん。

道の駅「羽鳥湖高原」。ヤーコン入りの豚汁をご馳走になりました。

道の駅「羽鳥湖高原」。ヤーコン入りの豚汁をご馳走になりました。

福島県内だけではなく、長野県から「小坂田公園」、「上田道と川の駅」、12月発行の冬号から弊誌が創刊される青森県と岩手県から「つるた」、「紫波」といった道の駅も出店していました。また、愛知県岡崎市から、福島県と愛知県の相互交流活動を展開している「あいちから」の方々もいらっしゃいました。

長野から道の駅「小坂田公園」の方々です。

長野から道の駅「小坂田公園」の方々です。

長野県「上田道と川の駅」からは4種類のりんごが!

長野県「上田道と川の駅」からは4種類のりんごが!

大人気だった岩手県 道の駅「紫波(しわ)」のブランド牛を使ったコロッケやメンチカツ。

大人気だった岩手県 道の駅「紫波(しわ)」のブランド牛を使ったコロッケやメンチカツ。

愛知県岡崎市から「あいちから」のみなさん。

愛知県岡崎市から「あいちから」のみなさん。

みなさん昨日のうち、もしくは朝早くから出発して3〜5時間かけていらっしゃったのとこと。取材で道の駅をまわっている私にはわかります、その遥かな道のり。本当にお疲れ様です。

道の駅の駅長も自ら店頭に立って、呼び込みをしたり、地元商品のアピールをしたり、とても元気に走り回っていました。
いつもの道の駅で会うよりも、道の駅のスタッフが身近に感じられるイベントだったと思います。
駅長自らが茹でたおそば、焼いた焼きそばなんて、ここ以外ではなかなか味わえるものじゃありませんよ。

 

このイベントは来年も開催されるようです。
今回来れなかった皆さんも、来年は是非!

この記事を読んでいる人は他にこんな記事も読んでいます。

宿場町の風情を味わって、地元グルメもたっぷり味わう道の駅

道の駅のある佐用町平福は、かつて因幡街道随一の宿場町として栄えた場所。 道の駅から少し歩けば、情緒あふれる古い街並みに出会えます。 道の駅「宿場町ひらふく」は、そんな街の散策の拠点としてぴったり。       ……続きを読む

なんと総勢70名!生産者が集う道の駅

扉を開けるとそこにはぎっしり並んだ商品の数々。 決して広くないスペースですが、どこから見たらいいのか思わず迷ってしまいます。 もともと特産品研究開発施設だった場所に産直が加わって「道の駅 ろくのへ」は誕生しました。 最初に集まった生産者は2……続きを読む

会津を満喫したいならまず寄りたい道の駅

青空に映える名峰磐梯山を背にした、絶好のロケーションにある道の駅「ばんだい」。歩いて行ける距離には会津仏教発祥の地「慧日寺」、車で一時間以内なら、猪苗代湖や裏磐梯、喜多方や会津若松にも行ける、まさに「会津の玄関口」。 観光スポット目白押しの……続きを読む