三条大橋
loading

クロースアップ道の駅

編集室メガネ事件簿!

megane

「編集長!事件ですっ‼︎」と、唐突に始まりました。

我が道の駅編集室は、全員がメガネをかけているメガネの集団だったりします。
「編集長メガネ」、「新人メガネ」など沢山のメガネがいるなかで、「ただのメガネ」である私が送る『編集室メガネ事件簿!』とは、編集室という密室で起こる些細な、されどおかしな事件や小ネタを、ささやかにお伝えするコーナーです。

華やかな道の駅メガネ取材班とは違い、ただひたすらに机に向かう地味な「ただのメガネ」。

現在、フェイスブックをご覧の方はご存知のように、道の駅取材班が各道の駅を巡っておりますので、道の駅編集室はひっそりとしております。

そんな居残り編集室に、事件が?!

 

「編集長!事件が起こりませんっ!!」ということで、記念すべき第一回は、小ネタに走ります。

 

初っ端から、すいません…。

 

とりあえず、ネタ探しに編集室内を物色。主がいないことをいいことに、机の上のアクセントを紹介したいと思います。

 

まずこれ。
DSC_2312

植木鉢に見立てたペン立て。ペンがにょきにょきと生えています。これは、道の駅取材班の要「文系頭脳派メガネ」の机の上です。このペンで、冬号の原稿もばりばり執筆してくれることでしょう。

 

次は、道の駅編集室のお膝元・福島県は会津の縁起物「起き上がり小法師」。

 

DSC_2311

 

やさしい笑顔がなんとも癒される一品。その柔らかな風貌にもかかわらず、何度倒れても起き上がる不屈の精神を持つ熱いやつ!机の上から、いつも「ただのメガネ」を応援してくれています。

こんな感じで、なんともまったり始まったブログで恐縮です。ではでは、また担当の巡ってくる第2回まで。ごきげんよう~。

 

 

 

この記事を読んでいる人は他にこんな記事も読んでいます。

和紙に包まれる冬

昨年、ユネスコの文化遺産に登録された「和紙 日本の手漉(てすき)和紙技術」。日本各地で今なお伝えられる和紙、伝統の職人技に、ふと立ち寄った町で触れることが出来るとしたらどうでしょう。しかも、自分で和紙を作れるとしたら。
今回は、和紙と、その和紙の文化にどっぷりと浸れる「道の駅」をご紹介します。

道の駅 取材紀行 〜ロード オブ ザ 道の駅〜 その1

こちらは、私の取材時のなんやらかんやらを不定期にお伝えしていこう、というコーナー(?)となっております。 時には取材の裏話なんかも書いちゃうかも?!それでは早速、元気に始めましょう!!   今回は「第6回 ふくしま道の駅空の駅まつ……続きを読む

編集室メガネ事件簿! vol.06

こんにちは。またまたやってきました『編集室メガネ事件簿!』です。 みなさまに、再度お目見得でき、うれしい「ただのメガネ」です。 さて、まずは今回もこの台詞から! 『12月1日に発行された「フリーペーパー道の駅 冬号」ですが、みなさまもうご覧……続きを読む