三条大橋
loading

クロースアップ道の駅

道の駅 取材紀行 〜ロード オブ ザ 道の駅〜 番外編

だいぶ間が空いてしまいました。

誰もお待ちにはなっていなかったのではないかとは思いますが、申し訳ございません。

 

さて今回のお話ですが、いつもとは少し違って、私たちの担当している他の仕事について少しご紹介いたします。

 

ドローン。

上空からドローンを飛ばして撮影するってやつですが、実はうちでも出来るんです。

 

例えば、「道の駅 伊達の郷りょうぜん」。

来年の春、福島県伊達市に誕生する予定の道の駅、こちらの建設の様子を定期的に撮影しています。

まだ基礎しかなかった頃から、

骨組みが出来て、

屋根も覆われて、

さらにいろいろ覆われる、というここまでの流れ(笑)。

 

完成まではもう少しかかりそうですが、少しずつ出来ていく様子を見ていると、なんだか我が子の成長の様子を見ているようで…

 

まあ、我が子がいたことはありませんが。

 

上空から撮影すると、建物のスケール感とか、立地のイメージとか、地上からではわかりづらいことが見えてきます。

昔はヘリを飛ばすとか、難易度の高いラジコン飛行機を操縦するなど、費用も時間もかかった撮影も今やだいぶ手軽にできるようになりました。

 

実はうちでは、こんなこともやっていました。

 

もし、ドローン撮影にご興味のある方がいらっしゃいましたら、ぜひご一報ください。

そして、来年春の「道の駅 伊達の郷りょうぜん」のオープンにもご期待ください!

 

以上、ドローンも飛ばせる編集者、I村でした。

 

この記事を読んでいる人は他にこんな記事も読んでいます。

「A級グルメ」も大集合! いろんな旨みのある道の駅

新見市が誇る「A級グルメ」。 千屋牛、ピオーネ、ワイン、そしてなんとキャビア。 高級な食の逸品ぞろいの新見市にある道の駅「鯉が窪」にも当然、そんな高級美味が集まります。 売店で購入できるだけではなく、お食事処「山野彩館」では、日本最古の蔓牛……続きを読む

道の駅は、今日も「元気」に営業中!

災害が起きた後、道の駅は避難所になり、防災拠点になり、人々の心の拠り所になりました。
東日本大震災から5年を迎える今、過去の災害の記憶を伝える道の駅、そして被災から復興した、または復興しようとしている道の駅の「今」をお伝えします。

人も野菜も元気! オリジナルの味が自慢

昨年10周年を迎えた「道の駅 ふくしま東和」。地元の農家や地域と協力し、精力的に独自商品の開発に取り組んでいます。 元々は地元の人の加工の場としてスタート。これが他にはない強みだと駅長代理の大槻さんは胸を張ります。1つの商品開発にかける期間……続きを読む