三条大橋
loading

クロースアップ道の駅

中辛!えみちゃんねる ~燻足~

私たち編集部は、夏号の制作にとりかかっている真っ最中です。
そんな中、今年の桜前線は3月21日東京からスタートし、昨日全国で最も早い満開宣言が出されたとのこと。

3月末までに九州から関東にかけて開花が始まり、4月に入ると北陸・東北にも桜前線が到着。
4月末には北海道にも桜の便りが届く見込みだそう。

今回はそんなお花見の時期にぴったりのものをいただきました。
今回のお土産も前回に続き、エイリアンもの。

 

パッケージには「いかにも!! たこ?」と。
商品名「燻足」。

P1010849

 

でかっ!
しかし、うまっ!

 

見た目はエイリアンでもイカですから。
うまいです。
噛めば噛むほど旨味が出る。

 

こちらの商品、岡山県の道の駅あわくらんどで購入したそうです。

 

でも、切れ目が入っているけど塊が大きくて食べづらい。
アゴが疲れちゃいます。
とてもじゃないけど一人じゃ食べきれないので、お花見で披露すればよかったと反省しております。

 

毎年、あっという間に咲いて満開になり、すぐに散ってしまう。
この儚さに桜の美学を感じます。
一日一日を丁寧に、ちゃんと暮らそうと気づかされます。

 

今年も可憐に咲く桜を見ながら、美味しいお酒と食事、楽しい時間を過ごしたいですね。

この記事を読んでいる人は他にこんな記事も読んでいます。

目指せ!ステキ道ガール★ ~第6回~

さぁ!やってまいりました! 新年一発目の道の駅ブログです。 本年もどうぞよろしくお願い致します♪ 今年は暖かいお正月だなぁと思っていたら、先日ついにドカッと降った福島市内。 数日後に北関東方面への出張を控えていましたが、南に向かうし、大丈夫……続きを読む

観光客も地元の人も 元気になれる「道の駅 雁の里せんなん」

平安時代に東北の覇権を争った「後三年の役」。 その激しい戦の舞台となったとは思えない程のどかな美郷町仙南地区にある、レトロな雰囲気の「道の駅 雁の里せんなん」。 人気の直売所を運営する農家の方々は、新鮮な農産物を納入するだけではなく、駅内に……続きを読む

小さくてもキラっと輝く町、そして道の駅

昨年11月に登録されたばかりの道の駅「山田錦発祥のまち・多可」。「まちの駅」でもあるこの道の駅は、多可町の元気を支える施設です。 「多可町には3つ誇れるものがあります。」と施設長の藤井さん。「まずは京都の文化を支えた『杉原紙』。次に、日本の……続きを読む