三条大橋
loading

クロースアップ道の駅

中辛!えみちゃんねる ~燻足~

私たち編集部は、夏号の制作にとりかかっている真っ最中です。
そんな中、今年の桜前線は3月21日東京からスタートし、昨日全国で最も早い満開宣言が出されたとのこと。

3月末までに九州から関東にかけて開花が始まり、4月に入ると北陸・東北にも桜前線が到着。
4月末には北海道にも桜の便りが届く見込みだそう。

今回はそんなお花見の時期にぴったりのものをいただきました。
今回のお土産も前回に続き、エイリアンもの。

 

パッケージには「いかにも!! たこ?」と。
商品名「燻足」。

P1010849

 

でかっ!
しかし、うまっ!

 

見た目はエイリアンでもイカですから。
うまいです。
噛めば噛むほど旨味が出る。

 

こちらの商品、岡山県の道の駅あわくらんどで購入したそうです。

 

でも、切れ目が入っているけど塊が大きくて食べづらい。
アゴが疲れちゃいます。
とてもじゃないけど一人じゃ食べきれないので、お花見で披露すればよかったと反省しております。

 

毎年、あっという間に咲いて満開になり、すぐに散ってしまう。
この儚さに桜の美学を感じます。
一日一日を丁寧に、ちゃんと暮らそうと気づかされます。

 

今年も可憐に咲く桜を見ながら、美味しいお酒と食事、楽しい時間を過ごしたいですね。

この記事を読んでいる人は他にこんな記事も読んでいます。

海外でも認められる最高級の甘茶を九戸村から!

九戸村は全国でも有数、東北では唯一の甘茶の生産地です。 しかし、日本の一般家庭で飲まれる機会は少なく、そのほとんどはお寺で消費されたり、海外へ輸出されたりしています。 甘茶は日本特産の植物で、葉を煎じて飲みます。甘さは砂糖の200倍程もあり……続きを読む

農産品がつなぐ笑顔 町と生産者を元気に!

    江戸時代は紅花の集積地として栄えた村田町は現在、全国でも有数のそら豆の生産地。旬を迎える初夏には行列ができるほどですが、シーズン外も加工品を求める多くの人で賑わいます。駅内はそら豆の緑色がいっぱいで、思わずそら豆……続きを読む

7割以上がリピーター!何度行っても楽しめる

年間100万人が訪れるという道の駅。昨年はその7割以上がリピーターだったとか。その大盛況の秘密は一体どこにあるのでしょう? 道の駅の顔とも言えるのがインフォメーション!飲食店や宿、天気など年間5000件にも上るという問い合わせをすべて記録し……続きを読む