三条大橋
loading

クロースアップ道の駅

編集室メガネ事件簿! vol.07

megane

こんにちは、またまたお会いできましたね。『編集室メガネ事件簿!』です。
そして、今回もはかったかのように、発行時期とブログの更新が重なっております。
というわけで、いつもの台詞。
『3月1日に発行された「フリーペーパー道の駅 春号」ですが、みなさま、もうご覧になられましたか?』

今回は、「道の駅の花どころ」を特集しております。既に、このサイト上でも内容がアップされておりますが、様々な花と道の駅が紹介されており、なんとも華やかな気分になりますね!

まだまだ春の気配が遠い福島にある編集室ですが、それでも春が近づいているんだなーとわくわくした心持ちになってきます。と、まったくの冬気分でおりますが、編集室は「夏号」の作成に入っております。

 

さて、今回の『事件』ですが、
すいません。とくにありません。
恐縮です…。

 

なので、たまには自分の近況でも綴ってみようかと思います。
インドア派メガネを自称してきました「ただのメガネ」ですが、
実は、たまに取材に出かけたりもしています。
ベテランの取材班メガネの後ろに付いてまわっているきょどり全開のメガネがいたら、それが私です。

メガネ車

 

不慣れな分、自分の役割をこなすのにいっぱいいっぱいですが、今までは取材班メガネづてにしか得られなかった道の駅の空気感を生で感じることができるので、是非とも内勤の仕事に反映したいと目論んでおります。

今後は、取材もレイアウトもできる多機能メガネとしてバージョンアップした姿をお見せできるよう、日々精進する所存です。

もちろん、みなさまに提供できる事件を探すべく、編集室ウォッチもおこたりませんので、これからも『編集室メガネ事件簿!』をよろしくお願いいたします。

では、今回はこの辺で。また次回まで、ごきげんよう。

この記事を読んでいる人は他にこんな記事も読んでいます。

「千枚田」の目の前! 見所と味わいの道の駅

海から立ち上がるかのような1004枚の棚田。日本で最も有名な棚田の代表格である「白米千枚田」に、道の駅千枚田ポケットパークは隣接しています。世界的な名勝地をこんなに間近に見ることができる道の駅というのは、とても珍しいのではないでしょうか。輪……続きを読む

人も野菜も元気! オリジナルの味が自慢

昨年10周年を迎えた「道の駅 ふくしま東和」。地元の農家や地域と協力し、精力的に独自商品の開発に取り組んでいます。 元々は地元の人の加工の場としてスタート。これが他にはない強みだと駅長代理の大槻さんは胸を張ります。1つの商品開発にかける期間……続きを読む

音楽と今市の街なかを存分に楽しむ「道の駅 日光」

今年の4月、栃木県内23番目の道の駅として誕生した「道の駅 日光」。 世界遺産がある日光の玄関口としても毎日賑わう道の駅です。 まずは「日本のこころのうたミュージアム・船村徹記念館」。 音楽をテーマとしたまちづくりを進める日光市のシンボルと……続きを読む