三条大橋
loading

クロースアップ道の駅

編集室メガネ事件簿! vol.06

megane

こんにちは。またまたやってきました『編集室メガネ事件簿!』です。

みなさまに、再度お目見得でき、うれしい「ただのメガネ」です。

さて、まずは今回もこの台詞から!

『12月1日に発行された「フリーペーパー道の駅 冬号」ですが、みなさまもうご覧になられましたか?』と、毎回発行時期とブログの更新が重なる「ただのメガネ」です。

今回の特集は、「漬物」!

道の駅で購入できる「漬物」が日本各地から集結しています。
秋号の「米」に次いで、冬号は「漬物」!
道の駅でゲットしたお米に漬物をのせて、お箸が止まらない予感大ですね。
こうなると、味噌汁が欲しくなってきますが、春号は「味噌」特集ではありません!

そう、冬に突入するこの時期に、編集室は「春号」を作成しております。かなり春めいてますよ~。

と、いつものようになかなか本題に入りません、が、

 

「編集長、事件です!」

 

実は、今回はちょっとした事件があるんです!

 
な、なんと!

 

「栃木県で『別冊道の駅』が、発行されました!」

栃木県内の各道の駅で、12月7日から配布しています。
ジャーン!

Print

サイズは、A5。いつものサイズの半分です。

気になる中身ですが、グルメ特集号と銘打って、各道の駅のおすすめメニューを紹介しております。

大人気連載「味くらぶ」の総集編です!
別冊道の駅を一冊持って、栃木県の道の駅を楽しく美味しくめぐってくださいネ。

そんなわけで、今回は『事件めいた』ネタを提供できて、ホッとしている「ただのメガネ」です。

ではでは、また次号。

この記事を読んでいる人は他にこんな記事も読んでいます。

地元の人まで驚いた?! 野菜が美味しい道の駅!

7月にオープンしたばかりの、茨城県内13番目の道の駅「ひたちおおた」。水戸黄門が隠居生活を送ったこの地の道の駅は、オープンして間もないですが、既に地元のお客様で毎日賑わっています。 とにかく、ここに来たらまずは野菜!直売所には新鮮な常陸太田……続きを読む

木工の町の真ん中に建つ「府中のカタログ」

昨年10月にオープンした道の駅「びんご府中」。 広島県で一番新しい道の駅は「こんな所に道の駅が?」と思うほど、府中市の街中に建っています。 府中市といえば「府中家具」。 やはり林業と木材加工業で栄えた府中市らしく木材をたっぷり使用した建物で……続きを読む

農産品がつなぐ笑顔 町と生産者を元気に!

    江戸時代は紅花の集積地として栄えた村田町は現在、全国でも有数のそら豆の生産地。旬を迎える初夏には行列ができるほどですが、シーズン外も加工品を求める多くの人で賑わいます。駅内はそら豆の緑色がいっぱいで、思わずそら豆……続きを読む