三条大橋
loading

クロースアップ道の駅

編集室メガネ事件簿! vol.06

megane

こんにちは。またまたやってきました『編集室メガネ事件簿!』です。

みなさまに、再度お目見得でき、うれしい「ただのメガネ」です。

さて、まずは今回もこの台詞から!

『12月1日に発行された「フリーペーパー道の駅 冬号」ですが、みなさまもうご覧になられましたか?』と、毎回発行時期とブログの更新が重なる「ただのメガネ」です。

今回の特集は、「漬物」!

道の駅で購入できる「漬物」が日本各地から集結しています。
秋号の「米」に次いで、冬号は「漬物」!
道の駅でゲットしたお米に漬物をのせて、お箸が止まらない予感大ですね。
こうなると、味噌汁が欲しくなってきますが、春号は「味噌」特集ではありません!

そう、冬に突入するこの時期に、編集室は「春号」を作成しております。かなり春めいてますよ~。

と、いつものようになかなか本題に入りません、が、

 

「編集長、事件です!」

 

実は、今回はちょっとした事件があるんです!

 
な、なんと!

 

「栃木県で『別冊道の駅』が、発行されました!」

栃木県内の各道の駅で、12月7日から配布しています。
ジャーン!

Print

サイズは、A5。いつものサイズの半分です。

気になる中身ですが、グルメ特集号と銘打って、各道の駅のおすすめメニューを紹介しております。

大人気連載「味くらぶ」の総集編です!
別冊道の駅を一冊持って、栃木県の道の駅を楽しく美味しくめぐってくださいネ。

そんなわけで、今回は『事件めいた』ネタを提供できて、ホッとしている「ただのメガネ」です。

ではでは、また次号。

この記事を読んでいる人は他にこんな記事も読んでいます。

道の駅で 日本全国 ご当地お漬物めぐり

日本各地に伝わる「漬物」。
旬の時期に一気に採れてしまう野菜を保存し、さらに美味しく食べるために農家の知恵が生んだ日本の伝統食。
実りの秋を経て今年も、道の駅の店頭にはたくさんの美味しい漬物が並ぶことでしょう。

地域をひとつに!地元密着型の道の駅

元々は農家の方が集まり、農産物の直売や加工のために建てられた施設。 目の前を走る国道は年間360万人が通ると言われ、多くの人に寄ってもらいたいとの想いから始まりました。 集客が厳しい時期など多くの苦労を乗り越え、今年満20年を迎えます。 「……続きを読む

「食のテーマパーク」へと昨年9月リニューアル!

昨年9月にリニューアルしたばかりの「道の駅 しもつま」。 一歩施設内に入ると、ちょっと贅沢な雰囲気の、きれいな売場が広がります。 本館の新しい顔として「ベーカリーしもんぱん」が誕生。 50〜60種類もの品揃えで、自分好みのパンに出会えます。……続きを読む