三条大橋
loading

クロースアップ道の駅

目指せ!ステキ道ガール★ ~第4回~

毎日暑いですねぇ・・・。
夏です!と言いたいところですが、梅雨も明けていない東北。
そんな中、編集部では秋号の制作が佳境を迎えております。
もはや季節がよくわかりません。

ブログのネタに困っていたところに飛び込んできた出張!
タイミングよく涼しげな道の駅に出会えましたのでご紹介します♪

山形県「天童温泉」

DSC_1950_sr

駅舎の裏に噴水があるんです。
というのもこれ、地面から水が数分おきに湧く仕掛け。
訪れたときは何もない広場だったのでびっくり。
待つこと数分・・・
水が形を変えながら湧き出してきました。
ミスト状だったり、低くなったり、高くなったり・・・。
これは楽しい!
思わず見入ってしまいました。
動画を撮るべきでしたね・・・無念。

雨が降ったり止んだり、あいにくの天気でしたが、晴れていればそれはもう気持ちよかっただろうなぁ。
子供と一緒の方にもオススメです♪

 
DSC_1975_sr

さらにうれしいのが足湯。
写真ではわかりづらいのですが、天童を象徴する将棋の駒の形をしています。
運転の疲れを癒すのにも最適ですよ。

 

DSC_1924_sr

湯あがりには天童温泉名物のジェラートをどうぞ。
こちらは「だだちゃ豆」味。
山形名物のおいしいおいしい枝豆です。
甘さ控えめでつぶつぶ食感も楽しめるジェラートで、甘いものが苦手な方でもイケますよ。
この日は結構ムシムシだったので、悠長に撮影していたらこの後大変なことに・・・。

物産コーナーも広くて山形の味覚がいっぱい!
上司へのお土産もなかなかいいものをゲットできたと自負しております。
いつかブログで紹介してくださることでしょう。
こうご期待!

 

なんだかまた現実逃避したような内容になってしまいましたが、秋号の制作がんばってますよ!
9月上旬発行予定です。
どうぞどうぞお楽しみに♪

この記事を読んでいる人は他にこんな記事も読んでいます。

和紙に包まれる冬

昨年、ユネスコの文化遺産に登録された「和紙 日本の手漉(てすき)和紙技術」。日本各地で今なお伝えられる和紙、伝統の職人技に、ふと立ち寄った町で触れることが出来るとしたらどうでしょう。しかも、自分で和紙を作れるとしたら。
今回は、和紙と、その和紙の文化にどっぷりと浸れる「道の駅」をご紹介します。

道の駅で出会う水のいきもの大図鑑

さぁ、今年も暑い夏がやってきます。
天気のいい日に外で過ごすのも気持ちがいいですが、涼を求めて出かける人も多いことでしょう。
全国には水中を悠々と泳ぐ魚やペンギンなど、水のいきものと出会える道の駅があります。
暑さを少し和らげてくれそうな、水の世界をのぞいてみませんか?

新スポット誕生! 久慈川沿いの癒やし空間

今年3月、満を持してオープンした茨城県12番目の道の駅「常陸大宮」。愛称は「かわプラザ」。 いちばんの自慢はロケーション!国道118号と久慈川の間に位置し、里山に溶け込んだ駅舎からは久慈川を望むことができます。展望室やテラス席はまさに憩いの……続きを読む