三条大橋
loading

クロースアップ道の駅

中辛!えみちゃんねる ~たまねぎジャム~

ご無沙汰しております。
久しぶりの「中辛!えみちゃんねる」の時間です。
 
では早速参りましょう。
 
今回ご紹介するのは、兵庫県の長旅を終えて戻ってきた
今村さんからいただいたお土産。
 
タマネギジャム
たまねぎジャム。

 

…ジャム。
ジャムが余計です。

玉ねぎを砂糖で煮ちゃったんですね。

 

ジャムなので、何かにつけて…と私が考案したメニューがこちら。
B612_20160628_072216

 クラッカーの

  クリームチーズと

   淡路島産たまねぎジャムのせ

    ミニトマトを添えて

 

ネーミングはいい感じにキマりました。
お味のほうは…、あまい。さすが淡路島玉ねぎ。
玉ねぎの旨みがギュッと凝縮されていて、いろんな料理に使えそう!
 
 

一番の問題は、私の考案したメニュー。
たまねぎジャムのポテンシャルを活かしきれてない。
たまねぎジャム、きっとこんなもんじゃない!
「豚の角煮」や「カレーの隠し味」なんかに使えばきっといい仕事してくれるはず!
料理のレパートリーが少ない私は、そのぐらいしか思い付きません(笑)
 
そのものが持つポテンシャルを引き出したり、
上手く活用するというのは、なかなか難しいものです。
たまねぎジャム、奥が深い。

 

 

おすすめの「タマネギジャム活用法」をご存じの方、
ぜひフリーペーパー道の駅 編集室までお寄せください!

この記事を読んでいる人は他にこんな記事も読んでいます。

道の駅は、今日も「元気」に営業中!

災害が起きた後、道の駅は避難所になり、防災拠点になり、人々の心の拠り所になりました。
東日本大震災から5年を迎える今、過去の災害の記憶を伝える道の駅、そして被災から復興した、または復興しようとしている道の駅の「今」をお伝えします。

夏こそ、美味しいお茶を

中国から日本にお茶が伝わったのは、今から千二百年以上前と云われています。それから今日まで、日本人の生活と文化に深く関わってきたお茶。
全国のお茶の産地には、それぞれの地域特産のお茶を購入したり味わったりすることができる道の駅があります。
道の駅でお茶を楽しんでみませんか。

和紙に包まれる冬

昨年、ユネスコの文化遺産に登録された「和紙 日本の手漉(てすき)和紙技術」。日本各地で今なお伝えられる和紙、伝統の職人技に、ふと立ち寄った町で触れることが出来るとしたらどうでしょう。しかも、自分で和紙を作れるとしたら。
今回は、和紙と、その和紙の文化にどっぷりと浸れる「道の駅」をご紹介します。