三条大橋
loading

クロースアップ道の駅

道の駅 取材紀行 〜ロード オブ ザ 道の駅〜 その3

やっと第三回目を迎えることができた、「道の駅 取材紀行 〜ロード オブ ザ 道の駅〜 その3」です。

 

毎回、取材時のなんやかんや、こぼれ話のようなものをここでご紹介している訳ですが、今回は少し趣向を変えて、記事の写真についてお話させていただきます。

まだ三回目なのに早くも趣向を変えることについては、この際目をつぶっていただけますと幸いです。

 

 

それでは今回は、間もなく発行される、弊誌夏号の特集「夏こそ美味しいお茶を」の記事中の写真のお話をさせていただこうと思います。

 

その特集記事の最終ページで、道の駅の茶師の方に伺った、お茶の淹れ方のポイントを説明している写真があります(一部掲載のない地域もあります。)。その写真もプロの方にお願い出来たり、素材サイトでぴったりのものが見つかったりすればよかったんですが、どちらも叶わず、最終的に自分で撮ることになりました。

 

 

写真に関してはなかなか不慣れなものですから、そんな写真も撮影にどの程度の時間がかかるか読めません。ですから、自分の家で休日に、腰を落ち着けて撮影しよう、そして、一人でも十分に撮影できるだろう。そう思っていました。

 

これがどれだけ甘い判断なのか、ということは後で思い知ることになります。

 

撮影当日の土曜日は、いろいろ構想を練ったり、撮影用のお茶を用意したり、寝たり、道具を準備したり、参考となる本を読んだり、寝たり、写真のセットを組んだり、寝たりしていたらあっという間に夜になりました。時間の経つのは本当に早いものです。

 

そんな悠長なことも言ってられなくなったので、慌てて撮影開始。

 

まずはお茶を複数の茶碗にまわし淹れるところ。

お湯を入れずに練習です。

DSC_2142

方向を変えたりして。

DSC_2141

 

 

いよいよ、本番。気合いを入れて、

DSC_2152_2

…はい、こぼれました。

 

タイミングや、入れる位置をおさらいして、再挑戦。

今度こそ、気合いを入れて、

DSC_2158

お茶の先が、真ん中とはほど遠い位置へ。

 

今度こそ。

DSC_2157

…お茶が切れました。

 

…じゃ、じゃあ、一旦気分を変えて「最後の一滴まで注ぎきること」の部分の撮影を。

これはきっと簡単。だって、しずくが垂れるのをカメラの連写でバババーッと撮ればいいだけですから。

 

今回こそは!

DSC_2210

あれ?

 

次こそは!

DSC_2177

…連写なのに、なぜここまで外せるのでしょう?

タイミングだけではなく、そう、ピントさえも…

 

 

まあ、こんなことを続けて結局、撮影枚数400枚以上、かかった時間、実に4時間近く。

終わる頃には、あたりは明るくなってきていました。

 

終わってみて思ったことは「もっと早く始めればよかった。」

そして「一人でやらず、会社で誰かに手伝ってもらえばよかった。」

こういう後悔を繰り返して、きっと人は成長するのでしょう。

 

 

こうやって不毛とも言える努力を続けて撮影した写真が、6/1発行の弊誌夏号の特集「夏こそ美味しいお茶を」の記事内で使われています。

 

発行は間もなくです。

道の駅で見かけたら、ぜひお手に取ってご覧ください。そして、お持ち帰りください。

さらにアンケートへご協力いただき、読者プレゼントにもご応募いただけたならば、これ以上の幸せはありません。

 

是非、よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

この記事を読んでいる人は他にこんな記事も読んでいます。

温泉地に囲まれた、峠のほっと休憩スポット「道の駅 つちゆ」

福島県内に28箇所ある道の駅の中で、最初に登録されたのがこの「道の駅 つちゆ」です。 国道115号沿い、標高約800mに位置し、福島・猪苗代間の峠越えの道のりでこの道の駅を見つけて、ほっとする人は少なくないはず。 天気の良い日には、建物に隣……続きを読む

道の駅 春〜初夏の 花どころ

あたりの空気を日差しが暖かく包む春。

暖かさにつられて、草木が花を咲かせ、私たちに春の便りを届けてくれます。

春といえば桜。

確かに桜も素晴らしいですが、今回はあえて桜以外の 春から初夏にかけて咲く花と、それを楽しめる道の駅をご紹介します。

今年は道の駅で、春の便りを受け取ってみませんか。

秋の実りをワインで味わう

たわわに実る果実に秋の訪れを感じる人も多いのでは?
道の駅の直売所にもさまざまな果物を目当てに多くの人が足を運びます。
生の果実は旬に味わうのがいちばんですが、シーズン外でも果物を楽しむとっておきの方法があります。ご当地はもちろん、道の駅ならではの味も多い、ワインや果実酒の魅力をお届けします。