三条大橋
loading

クロースアップ道の駅

道の駅 取材紀行 〜ロード オブ ザ 道の駅〜 その2

久々のこのコーナー。忘れた頃にやってきます(書き手が)。

 

取材で道の駅に寄りますと、様々な個性的なものが目に入ります。

まずは外観、食べもの、そして、人など。

 

そんな中から今回は、道の駅で見つけた個性的なオブジェ(的なもの)をご紹介致します。

 

2回目で既に番外編のような内容だ、ネタがもうないのか!と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、それは全くの誤解です。

あまりにも個性的なオブジェが多いため、時々ご紹介しないと資料が溜まっていく一方なので、この辺りで一旦ご紹介してしまおう!大放出だ!大売り出しだ!出血大サービスだ!といった感じだとご理解いただけますでしょうか。そうですか、ご理解いただけますか。ありがとうございます。

 

では、まずこちら!

第九の里(徳島)のベートーベン

道の駅第九の里(徳島)のベートーベン

さすが大作曲家の像だけあって、威厳があります。この場所は日本で最初にベートーベンのいわゆる「第九」が演奏された場所。当然のベートーベンです。

 

威厳がある、といえばこちらも。

R290とちお(新潟)の縄文土器

道の駅R290とちお(新潟)の縄文土器

さすが、重ねた時の重みでしょうか。(オブジェが出来たのは15年ほど前のようですが。)

近くの遺跡で発掘された火焔土器をモチーフにしています。

 

次は、こちら!

みわ(茨城)のしいたけ

道の駅みわ(茨城)のしいたけ

思ったよりも巨大なしいたけです。オブジェも巨大ですが、道の駅のある常陸大宮市美和地区のしいたけも、肉厚で大きなしいたけです。

 

作物つながりでこちら。

道の駅能勢(くりの郷)の栗?

道の駅能勢(くりの郷)の栗

名前は「くり坊」。身長230cm、胸囲はなんと680cm!

でも、体重は66kg。割と着太りするタイプなんですね、きっと。

 

最後はこちら!

道の駅豊栄(新潟)のダチョウ

道の駅豊栄(新潟)のダチョウ

動きます。エサも食べます。そして時々卵も産みます。オブジェだとしたらかなり活動的な方です。

道の駅の裏にダチョウ牧場があります。エサやりも出来るので、近くに行った際はぜひ会いに行ってみてください。

 

さて、実はまだまだストックがあります。今後も少しずつ紹介していこうと思います。

皆さんも、道の駅で面白いオブジェ(的なもの)を見つけたら、ぜひ編集部までご連絡を!

 

 

この記事を読んでいる人は他にこんな記事も読んでいます。

町が黄色に染まる 花の幸があふれる道の駅!

下北半島に春を告げる花といえば菜の花。4月下旬〜5月中旬にかけて一面に黄色のじゅうたんが広がり、横浜町の丘陵地帯は菜の花色に染まります。その作付面積は、全国でも一二を争うほど。   そんな菜の花の魅力がぎっしり詰まった道の駅が、下……続きを読む

「A級グルメ」も大集合! いろんな旨みのある道の駅

新見市が誇る「A級グルメ」。 千屋牛、ピオーネ、ワイン、そしてなんとキャビア。 高級な食の逸品ぞろいの新見市にある道の駅「鯉が窪」にも当然、そんな高級美味が集まります。 売店で購入できるだけではなく、お食事処「山野彩館」では、日本最古の蔓牛……続きを読む

編集室メガネ事件簿!

「編集長!事件ですっ‼︎」と、唐突に始まりました。 我が道の駅編集室は、全員がメガネをかけているメガネの集団だったりします。 「編集長メガネ」、「新人メガネ」など沢山のメガネがいるなかで、「ただのメガネ」である私が送る『編集室メガネ事件簿……続きを読む